神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
麻生区版 公開:2023年3月10日 エリアトップへ

市立学校給食 牛乳のプラストロー削減 子どもの声受け 4月から

教育

公開:2023年3月10日

  • X
  • LINE
  • hatena
新しい牛乳パックのイメージ=市提供
新しい牛乳パックのイメージ=市提供

 川崎市は3月1日、市立学校の給食で提供されている牛乳を、4月からストロー不要の容器で提供することを発表した。従来使用してきた使い捨てのプラスチックストローを、年間約6トン削減することにつながる。ストロー削減は、児童生徒から市に寄せられた意見が参考にされた。

 4月から提供される牛乳のパックは、容器上部の飲み口が明けやすく改良されており、ストローを使用せず直接口をつけて飲むことができる。変更の対象となるのは、市立小、中、特別支援学校で全170校。

 容器変更に向け、市は市立学校の給食用牛乳を調達する(公財)神奈川県学校給食会、牛乳の供給事業者である雪印メグミルク(株)と協議や調整を行ってきた。同社の環境配慮に対する取り組み推進として、ストロー不要パックへの容器変更が決定。市に提供される牛乳を製造する、海老名工場で出荷される分が、パック変更になるという。

必要な子にはストローも

 小学1年生や必要な児童生徒には、環境に配慮したバイオマスプラスチックを配合したストローを提供する。市担当者は「いきなりストローをなくすと学校現場も混乱してしまうと思うので、ストローなしでも大丈夫という子どもには、徐々に慣れてほしい」と話す。

 パックの変更により、年間で約2000万本、約6トンのプラスチックストローを削減。この削減量は約186人分のプラスチックごみの年間排出量に相当するという。CO2排出量は、約15トン減らすことができる。

 同担当者は「子どもたちにとって身近な給食から、プラスチック削減を考えるきっかけになれば」と話している。

脱プラの一歩かなう

 給食用牛乳のストロー削減は、市内の児童生徒からの声が一つの契機となった。市民から市政への意見や提案ができる「市長への手紙」を通じ、複数の子どもたちから意見が寄せられた。

 麻生区の小中学生による「麻生区SDG推進隊」も、市長へ直接意見を届けた。区内のSDGs(持続可能な開発目標)を見つけ、未来に向けた行動に取り組む同隊。発足のきっかけが「脱プラスチックのため給食のストローをなくしたい」という思いだった。活動では子どもたちから福田紀彦市長や議員にも提案していた。

 2月の活動報告の場でストロー削減の実施について聞いた推進隊の一人は「私たちの思いが届いて、ストローをなくすことがかなってよかった」と語った。

弁護士会主催の街かど相談会

相続、不動産、借金、解雇、離婚など、どんなことでもまずはご相談ください!

https://www.kanaben.or.jp/

<PR>

麻生区版のトップニュース最新6

買い物支援を定期実施化

区内団体・イトーヨーカドー

買い物支援を定期実施化

高齢者らをサポート

2月23日

川崎でもライドシェア

神奈川県タクシー協会

川崎でもライドシェア

方針決定、4月から開始

2月23日

教育・脱炭素に重点

川崎市予算案

教育・脱炭素に重点

市長「100年、その先予算」

2月16日

店舗協働で和菓子考案

東柿生小

店舗協働で和菓子考案

2月23日から「いずみ」で販売

2月16日

「学校に戻れたよ」

心臓移植好乃さん

「学校に戻れたよ」

手術成功、リハビリ経て

2月9日

キャリア教育推進で表彰

虹ヶ丘小

キャリア教育推進で表彰

文部科学大臣から

2月9日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月19日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月15日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「草創期の柿生中学校」そして「思い出の丘」(その2)連載を終えて文:小林基男(柿生郷土史料館専門委員)

    2月23日

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「草創期の柿生中学校」そして「思い出の丘」(その2)【8】文:小林基男(柿生郷土史料館専門委員)

    2月16日

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook