神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
麻生区版 公開:2023年12月1日 エリアトップへ

麻生区地域教育会議 子どもが「麻生の未来」討議 区長に直接意見を発表

教育

公開:2023年12月1日

  • X
  • LINE
  • hatena
意見を交わす子どもたちと山本区長(左から3番目)
意見を交わす子どもたちと山本区長(左から3番目)

 麻生区地域教育会議(井上俊夫議長)が主催する「青空子ども会議」が11月23日、「ふるさと麻生区の未来を考えよう」をテーマに黒川青少年野外活動センターで開催され、区内の小学1年生から中学2年生の33人が意見交換を行った。

 子ども会議は川崎市の地域教育会議が行う活動の一つ。2001年に施行された子どもの権利条例に基づき「参加する権利」などを実現する場として実施されている。

 昨年17年ぶりに子ども会議を実施した麻生区地域教育会議。今年10月には、昨年挙がった子どもからの提案を踏まえて話し合う「おとな会議」を実施。今回の会議でのフィードバックに向けて、活動を進めてきた。直接子どもたちの意見が行政に届くようにと、山本奈保美麻生区長を招いて行われた。

 当日は、5グループに分かれ、ドラム缶で作られた窯を使ったピザづくりに挑戦。火起こし、具材調理、生地づくりの担当に分かれ、作業を行った。次々に焼き上がると「焼きたてで美味しい」などと手作りピザを堪能した。

 その後、室内に移動し、「麻生区の未来」をテーマに、まちの長所、短所、自分たちができることなどについて、グループワークを実施。1回目は班内で意見を交換し発表、2回目は他班の発表を聞いてからまとめを行った。

 子どもたちからは「山を使ったレクリエーションなど自然を生かしたイベントの企画」「あいさつ推進やポイ捨て啓発ポスターをつくり、明るく住みやすいまちをつくる」など、さまざまな意見が挙がった。発表を聞いた山本区長は「現在麻生区では意見が出たような企画を実施している。関心を持って参加してもらい、その反応を行政にぜひ返してほしい」と呼び掛けた。

 参加した板垣杏莉さん(はるひ野中2年)は「小学1年生から中学生まで一緒に活動することで、広い視点で麻生をよいまちにするアイデアが出せた」と振り返った。

 井上実行委員長は「子どもの意見を行政に直接届けられるいい機会。どの意見もしっかりしていて麻生区の将来が楽しみ」と期待を寄せた。

仲間が作ったピザを窯へ運ぶ子ども
仲間が作ったピザを窯へ運ぶ子ども

弁護士会主催の街かど相談会

相続、不動産、借金、解雇、離婚など、どんなことでもまずはご相談ください!

https://www.kanaben.or.jp/

<PR>

麻生区版のローカルニュース最新6

「まず自分を大切に」

薬物乱用防止指導員協議会

「まず自分を大切に」

児童に薬物の危険性指導

2月23日

フェスで「顔見える」関係に

高石町会

フェスで「顔見える」関係に

防災講座等で備え

2月23日

玉縄桜、ひと足早く開花

玉縄桜、ひと足早く開花

王禅寺ふるさと公園

2月23日

リサイクル品で工作教室

リサイクル品で工作教室

王禅寺エコ暮らし環境館

2月23日

自治功労賞に岡本さん

自治功労賞に岡本さん

王禅寺町内会で地域貢献

2月23日

人生、まだまだこれから

人生、まだまだこれから

100年時代を生きるヒントを世界最高齢の男性サーファー 佐野さんに聞く

2月23日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月19日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月15日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「草創期の柿生中学校」そして「思い出の丘」(その2)連載を終えて文:小林基男(柿生郷土史料館専門委員)

    2月23日

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「草創期の柿生中学校」そして「思い出の丘」(その2)【8】文:小林基男(柿生郷土史料館専門委員)

    2月16日

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook