多摩区版 掲載号:2015年9月25日号

チーム・たま

在宅医療講座に400人 社会

約400人が集まった
約400人が集まった
 在宅医療・介護を推進しようと、区内の医療や介護、行政関係者で作る多職種ネットワーク組織「チーム・たま」が16日、市民公開講座を多摩市民館で行った。医師や介護者の体験談に約400人の参加者が耳を傾けた。

 公演では、国立がんセンター名誉総長で財団法人日本対がん協会会長の垣添忠生さんが、小細胞肺がんを患った自身の妻を看取った経験を交え、自宅での終末医療について話した。がん患者やその家族に寄り添う医療の必要性を訴えた。また、区内在住の後藤彰さんが認知症の妻の介護について話した。

 参加した女性は「85歳の母と暮らしているので、興味深い話だった。不安を抱える人が安心できるような具体的な情報も知りたい」と話していた。

多摩区版のローカルニュース最新6件

新年のつどいに200人

初詣に9千人

初詣に9千人

1月20日号

乳がん 一緒に水泳

リアルな星空楽しむ

空き地でまちおこし

川崎市メンバーに10人

かながわ駅伝

川崎市メンバーに10人

1月20日号

関連記事(ベータ版)

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク