多摩区版 掲載号:2017年5月19日号

藤子ミュージアム

初来館者多数、人気衰えず 文化

生田緑地の自然に囲まれた同館「はらっぱ」の一角
生田緑地の自然に囲まれた同館「はらっぱ」の一角

 昨年9月に開館5周年を迎え、12月に総来館者数250万人を達成した藤子・F・不二雄ミュージアム(長尾)。今年3月下旬には260万人を突破し、来館者数を伸ばしている。

 同館は長年多摩区生田地区に暮らした「ドラえもん」の原作者、藤子・F・不二雄さんの作品世界やメッセージを未来に伝えようと作られた文化施設。夫人の藤本正子さんから寄贈された原画約5万点を収蔵し、蔵書や遺品、仕事机などを展示、一般公開している。

 日本全国からだけでなく世界中からも人が訪れ、特に東南アジアからの来客が多く、アニメ放送されたキャラクターの人気がうかがえる。同館の広報スタッフによると、開館から5年が経っても、初めて訪れる来館者は少なくないという。

 同館は地元の人や市民にも親しんでほしいと、昨年初めて民家園通り商店会主催の夏まつりに出店。展示ポスターやぬいぐるみを掲出し、グッズを販売した。このほか、生田緑地を会場に行われるサマーミュージアムにも開館以来、毎年出店している。

抽選で市民2千人招待

 同館は7月1日(土)の市制記念日に、抽選で市民2千人を招待する。「市民招待デー」は通常の予約は受け付けない。

 希望者は往復はがきに代表者の▽氏名▽フリガナ▽年齢▽郵便番号▽住所▽電話番号▽参加希望人数(代表者含む)のほか、▽代表者以外の参加希望者氏名・年齢・住所(市内在住者に限る)▽希望入館時間(10時、正午、14時、16時から1つ選択)を明記し、返信表面に10円分の切手を貼り代表者の住所・氏名を記載し、〒210―0899川崎港郵便局留「川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム市民招待デー事務局」宛に送付する。

 5月29日(月)必着。応募は1人1通まで(複数応募は落選)。1通で5人まで応募可。応募の問合せは同郵便局【電話】045・421・6660。同館に関する問合せは【電話】0570・055・245。このほか、川崎市民向けに入館チケットの優先販売もある。料金は一般販売と同額だが、一般販売よりも早く予約できる。
 

関連記事powered by weblio


介護付有料老人ホームばらの庄

介護の困ったを引き受けて12年、入居者募集中!

http://www.bala.co.jp/

7/25くらべて選ぶ事前相談会

家族葬から一般葬儀まで費用や内容について、ご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6件

コロコロ原画180点

藤子ミュージアム

コロコロ原画180点

7月14日号

17万個つなぎ4つの輪に

留学生 菅中で「友達40人」

50年の歩み 一挙に

理美容カットで社会貢献

77人、32団体を表彰

市スポーツ協会

77人、32団体を表彰

7月14日号

川崎市住宅供給公社

高齢者向け優良賃貸住宅 入居者募集中!

http://www.kawasaki-jk.or.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

多摩区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月14日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/