多摩区版 掲載号:2017年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

多摩消防団増田副団長 35年重ね、藍綬褒章 井田団長に続き2年連続

社会

 2017年秋の褒章で藍綬(らんじゅ)褒章を受章した、多摩消防団副団長の増田朝光さん(65)=写真。菅馬場で生まれ育ち、1983年に入団して30年以上、消防活動を続けてきた。同消防団からの藍綬褒章は、団長(当時副団長)の井田哲芳さん(67)に続き2年連続。

 区内の稲田分団5班、生田分団4班の9班に団員158人が所属する多摩消防団。菅班で副団長として7年目の増田さんは「町会とも密に連携しながら、地域単位の防災訓練にもっと力を入れていきたい」と語気を強める。

 東日本大震災が発生した2011年、市内で初めて設けられた機動部隊の隊長に今年度から就任。団員らが所有するユンボ(重機)や投光器、発電機などを活用し、災害時に道路をふさぐ土砂の撤去などを行う。これまで出動歴はないが、町会の防災訓練に参加するほか、年数回の訓練にも力を入れる。

 会社勤めで玩具の営業をしていたが、30歳で退社して18代目として果樹農家を継ぐと、声がかかってすぐに消防団へ。「あの頃、地元は火災が多かった」。入団したその日に火事が起き、急いで現場に直行。何も分からない中、先輩に大声で「ホース持ってこい」と命じられた当時のことは、今も記憶に残る。

 35歳で班長になったが、年上の団員が多く、対立することもしばしば。時には「お願いします」と頭を下げ、お酒を飲みながらコミュニケーションを重ね、次第に打ち解けていった。「先輩の息子が入団してくることもあって、地域のつながりを感じた」と振り返る。年2回発行の広報紙「消防団だより」初代責任者として広報部長を3年、後に警護部長、庶務部長を務めた。

 多摩区にはなかった消防団OB会が年内に発足予定で、来年11月には団が50周年を迎える。来年度は女性団員の班を新設し、10班に増やす計画だ。「消防活動は署の職員だけでは足りない。地域のことを考えると、消防団が持つ役割は大きい」と思いを込めた。

消防大会に参加する増田副団長(中央)、井田団長(左)ら=6月、団提供
消防大会に参加する増田副団長(中央)、井田団長(左)ら=6月、団提供

多摩区版のトップニュース最新6件

川崎F、奇跡の逆転初V

待機児童374人、3倍超

子ども食堂 半数が「居場所」

自転車放置 禁止指定へ

宿河原駅周辺

自転車放置 禁止指定へ

11月24日号

12月に完全給食化

北部市立中学校

12月に完全給食化

11月24日号

インフル 市内半数超え

多摩区

インフル 市内半数超え

11月17日号

介護付有料老人ホームばらの庄

介護でお悩みの方!丸12年の実績と信頼を積み上げた「ばらの庄」へご相談を!!

http://www.bala.co.jp/

川崎寺子屋食堂・オープン記念

12月25日(月)長尾いこいの家でクリスマスパーティ!一般無料参加・先着8人

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク