多摩区版 掲載号:2014年7月25日号 エリアトップへ

川崎市人口動態 自然増が全国最多に 多摩区は市内最少の増加数

社会

掲載号:2014年7月25日号

  • LINE
  • hatena

 総務省が6月25日に発表した、1月1日時点の住民基本台帳に基づく人口動態調査によると、川崎市人口の自然増加数(出生数が死亡数を上回る数値)は前年同期比4491人増で、全国最多となった。多摩区の人口は前年同時期比389人増加で、市内ではもっとも少ない増加数となった。

 川崎市の人口は前年同期比1万434人増加で143万3765人。増加数のうち、自然増加数は4491人で市区部では全国トップとなった。全国的に出生率が低下する中、川崎の出生率は横ばいを続けており、自然増加数を押し上げる結果となった。市総合企画局都市経営部統計情報課は「出生率が低下していないのは全国的にあまりないケースで、相対的に自然増の傾向がある。社会増加も多く、市区部では全国5位」としている。

 区別の状況をみてみると、多摩区の人口は389人増で20万4030人。増加数のうち、転入数と転出数を比較した社会増加数は200人減で、市内で唯一の減少となった。

「大規模開発ないのが要因」

 同課は「社会増加数はその年によって波がある。多摩区も87年から89年の間は市内で一番増加が多かった。近年は大規模な開発が少なく、登戸の区画整理も進んでいないのが原因と思われる。社会増加が少ないからといって多摩区の利便性が悪いわけではなく、自然増加は市内で4番目と堅調」と話している。

多摩区版のトップニュース最新6

20年ぶり計画改定へ

小沢城址緑地保全

20年ぶり計画改定へ 社会

「里山の会」意見交わし

11月27日号

区内13カ所に差別落書き

区内13カ所に差別落書き 社会

三田第4公園ベンチなど

11月27日号

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月20日号

20年前と未来、思う

子ども会稲田部会

20年前と未来、思う 教育

70周年でタイムカプセル

11月20日号

にぎわいの3連休へ

向ヶ丘遊園生田緑地

にぎわいの3連休へ コミュニティ社会

2つの催し 地元店一丸で

11月13日号

終電 来春20分繰り上げ

小田急電鉄

終電 来春20分繰り上げ 経済

登戸など区内駅も影響

11月13日号

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク