多摩区版 掲載号:2016年9月23日号 エリアトップへ

プロバスケBリーグ 頂点へ、18チーム激突 「新生川崎」あす24日開幕戦

スポーツ

掲載号:2016年9月23日号

  • LINE
  • hatena
開幕前、抱負を語る川崎の北卓也ヘッドコーチ
開幕前、抱負を語る川崎の北卓也ヘッドコーチ

 バスケットボールの新たな国内男子プロリーグ「Bリーグ」が昨日開幕。川崎市を拠点にし、1部へ参入した「川崎ブレイブサンダース」はあす24日、初戦を迎える。1部に所属する全国18チームは新リーグ初代王者の座を懸けて、5月まで60試合を戦う。

 Bリーグは企業チームを主体としたナショナルリーグ(NBL)と、2005年に発足したプロリーグのbjリーグを統一して始動。1部と2部に分かれ、それぞれ東、西、中地区に6チームずつ、全国計36チームで構成されている。

 県内では元NBLの川崎ブレイブサンダース(旧・東芝ブレイブサンダース神奈川)と、元bjリーグの横浜ビー・コルセアーズの2チームが1部の中地区に所属。両チームは9月30日と10月1日に川崎の本拠地、とどろきアリーナ(中原区)で初対決する。

集客力に重点

 新リーグでは1部参入の基準として【1】ホームアリーナ(本拠地)の入場可能数5000人【2】年間試合数の8割のホームゲームを行えるアリーナの確保【3】年間売上2・5億円――の3つを提示している。

 リーグ関係者によると、Bリーグの最重要事業は試合観戦のチケットだという。米プロバスケ(NBA)ではチケット収入がスポンサー収入の2倍を占めるのに対し、日本では両者が逆転しているとの見方も。集客力の向上がチーム運営のカギを握ると言えそうだ。

 川崎ブレイブサンダースは今季、ホーム戦全30試合中、とどろきアリーナで24試合を行う予定。同チームの運営会社、TBLSサービス(株)(川崎区)の荒木雅己社長は「ホームのとどろきアリーナの隣は、(サッカーJ1)川崎フロンターレの本拠地。互いに連携しながら、川崎市民との距離を縮めていきたい」と力を込める。

 川崎の開幕戦は24、25日、三遠ネオフェニックスと敵地の愛知県で対戦する。Bリーグの詳細情報は公式ウェブサイト(【URL】 http://www.bleague.jp)。

多摩区版のトップニュース最新6

「将来へ基礎つくる」

川崎F新体制

「将来へ基礎つくる」 スポーツ

フロンタウン生田も注力

1月17日号

救急出動 30年で2.5倍

川崎市

救急出動 30年で2.5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

地域一丸で「安全・安心」

地域一丸で「安全・安心」 政治

荻原区長 2年目へ抱負語る

1月10日号

川崎から2人 聖火つなぐ

2020東京五輪

川崎から2人 聖火つなぐ スポーツ

「感謝」胸に、7月1日出走

1月10日号

多様な魅力 「創発」で

多様な魅力 「創発」で 政治

福田市長、2020年を語る

1月1日号

「子(ね)」之神社を紐解く

菅北浦

「子(ね)」之神社を紐解く 文化

十二支に由来 変遷経て

1月1日号

「広がれ、多世代交流」

まちプロ中野島

「広がれ、多世代交流」 社会

クリスマス会に30人超

12月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク