多摩区版 掲載号:2016年11月25日号 エリアトップへ

多摩区商連 子育て支援で県特別賞 141店が独自サービス

社会

掲載号:2016年11月25日号

  • LINE
  • hatena
子育て家庭を対象に、区商連が商品券を販売(2011年)
子育て家庭を対象に、区商連が商品券を販売(2011年)

 県内の活動を対象にした「かながわ子ども・子育て支援大賞」の審査が行われ、多摩区商店街連合会(安陪修司会長)が特別賞に輝いた。141の協賛店と公共施設3カ所、多摩区が連携し、2007年から子育て家庭に独自サービスを提供し続けている。

 10回目の今年は、事業者や団体29件が応募。先月の表彰審査会で20組が活動内容を発表し、決定した。川崎市内の受賞は1組のみ。

 地域の子育て家庭を応援しようと、多摩区商連は区と協力し「子育て支援パスポート」を発行。18歳未満の子どもがいる家庭と妊娠者を対象にカードを配布し、ステッカーが張られた協賛店で提示すると、割引やさまざまなサービスが受けられる仕組みだ。

1万5千枚近くパスポート発行

 区商連(13商店会)の141店舗に加え、生田緑地内の日本民家園、宙と緑の科学館、岡本太郎美術館の3施設が参加している。パスポートは初年度に2129枚、今年3月まで計1万4763枚を発行した。

 関連した取り組みとして、区商連は09年から5年間、子育て家庭対象のプレミアム商品券を発行。15%分のサービスをつけた商品券を販売し、各回とも即完売する反響だった。

 安陪会長は「サービス内容を変えながら続けてきて、区内で浸透しつつある。お店側としては、パスポートを通じて買い物客、子どもに気軽に声をかけられるようになった」と手応えを話す。一方で「区商連への加盟店や、協賛してくれる仲間をもっと増やして、この取り組みを広めていく。集客も強化するきっかけにしたい」と課題を挙げる。

 受賞団体は特別賞1件のほか、大賞1件と奨励賞5件、草の根賞3件が県内企業や団体の活動から選ばれた。きょう25日には県庁新庁舎で表彰式が行われる。

多摩区版のトップニュース最新6

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 経済

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月18日号

キャッシュレスに賛否

多摩区商連

キャッシュレスに賛否 経済

導入伸びず、「様子見」多数

10月11日号

市立校、半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校、半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月11日号

菅住宅地、51位が7位に

基準地価上昇率 登戸も高騰

菅住宅地、51位が7位に 社会

10月4日号

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ

生田浄水場用地

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ 社会

市、22年 新施設完成めざす

10月4日号

南房総に支援物資

多摩区有志

南房総に支援物資 社会

トカイナカ 西山さんら結束

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク