多摩区版 掲載号:2019年10月25日号 エリアトップへ

台風19号 浸水被害 区内で350件 菅・堰 罹災(りさい)証明臨時窓口も

社会

掲載号:2019年10月25日号

  • LINE
  • hatena
多摩区は16日、罹災証明書申請の臨時窓口を開設=菅第4公園、菅町会提供
多摩区は16日、罹災証明書申請の臨時窓口を開設=菅第4公園、菅町会提供

 台風19号の大雨による多摩区内の浸水被害が約350件だったことが、川崎市の集計で分かった。主な浸水地域は菅稲田堤2丁目と3丁目、堰1丁目、布田。区危機管理担当は10月16日、菅稲田堤と堰で罹災証明書申請の臨時窓口を開設した。

 排水路などの雨水処理能力を超える大雨で市街地が浸水する「内水氾濫(はんらん)」が12日、多摩区でも発生。16日に2カ所で開設された臨時窓口では、家屋浸水の衛生対策として、区衛生課による消毒方法の指導も行われた。

 町会主体で組織する多摩区自主防災組織連絡協議会は、11月の研修会で課題や反省点を共有する予定だ。多摩区町会連合会、菅町会で会長を務める濃沼健夫さんは「被災者に対し、まずはできるだけ早期に対応することが第一。台風の直後に、身近に被災者がいるという情報を、いち早く地域内で共有する必要性を感じた」と課題を挙げる。

菅に「お手伝い本部」

 18地区に防災地区長を配置する菅町会では、台風直後の13日、被災者の支援要請に対応しようと菅第4公園に対策本部を開設。ポンプを積んだ車で町内を巡回し、浸水した家屋から水をくみ出した。さらに、区役所経由の1世帯を含む5世帯の浸水被害者から仮住まいの相談を受け、地区内の集会所を提供した。

 雨天の14日をはさみ、15日には同公園で「お手伝い本部」と称して支援活動を行う有志を募集。同日朝から町会の広報車で呼びかけ60人以上が集まり、家具や資材など災害ごみの分別や集積所への運搬を担った。

 市危機管理室の今月18日の発表によると、今回の浸水被害は市全体で1700件に迫り、最多の中原区が約720件、高津区の約560件に多摩区が続いた。区危機管理担当によると、15日から20日までの多摩区の罹災証明書申請件数は200件を超えたという。

 多摩区内の被害では他に、風で転倒した50代男性1人が軽傷。軽微な土砂崩れは長尾で1カ所、倒木は枡形、宿河原、南生田、生田2カ所の計5カ所。道路冠水は布田、菅稲田堤、宿河原、堰の4カ所で発生した。

多摩区版のトップニュース最新6

災害時、入浴支援で協定

川崎浴場組合

災害時、入浴支援で協定 社会

宿河原浴場 東日本台風でも対応

4月16日号

住民の心、支援広告に

長尾台バスあじさい号

住民の心、支援広告に 経済

高橋商事へ感謝 69万円超

4月16日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

北京五輪へ強化合宿

中野島在住石川雄大さん

北京五輪へ強化合宿 スポーツ

パラアイスホッケー 代表候補

4月9日号

住宅地の上昇鈍化

多摩区公示地価

住宅地の上昇鈍化 経済

10地点下落、商業地も横ばい

4月2日号

遊園駅南に新複合施設

野村不動産

遊園駅南に新複合施設 経済

旧ダイエー敷地 住宅・商業へ

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter