多摩区版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

市緑化センター 市民に開かれ40年 フェア10年 地域と共に

社会

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena
緑化フェアでにぎわう芝生広場(上)と、右から野地さん、森平さん、眞塩さん
緑化フェアでにぎわう芝生広場(上)と、右から野地さん、森平さん、眞塩さん

 市民が気軽に立ち寄れる「緑の相談所」の機能を持った施設として、今年開設40周年を迎えた川崎市緑化センター(宿河原)。11月9日には、地域住民の発案でスタートした「秋の緑化フェア」も10年目の開催となり、秋晴れの下およそ4300人が集った。

 緑化センターは1979年8月、市が都市緑化推進の拠点として開設。元々は県農業試験場があり、49年に市に移管されてからは園芸技術普及農場として、農家の栽培技術向上を担っていた。その後、一般市民にも開放しようと家庭の園芸について相談できる「緑の相談所」を備え、緑化センターとして始動。2015年からは指定管理者の(株)石勝エクステリアが運営する。同センターの岩澤亜矢所長は「ますます緑の普及を進め、今まで知らなかった方にも来てもらいたい」と話す。

フリマから拡大

 地元団体や飲食店が集結する催しとして定着した緑化フェアは10年前、女性3人の市民グループ「緑の道」がフリーマーケットを始めようとしたのがきっかけ。宿河原に住む森平理子さんと野地いずみさん、眞塩恵さんに加え、藤田純子さんの4人でスタートし、春に10店舗規模で実現。秋には当時の所長が共催の話を持ちかけ、「緑化センターまつり」としてフェアの1回目が行われた。

 「緑の道」は二ヶ領用水を上空から見た様子にちなんで命名。フェアでは芝生広場のライブや手作り市、ワークショップの企画を担う。代表の森平さんは「小さなことでも楽しんで続ければ足を運んでもらえる。のんびり、気負いなくやっていけたら」と話していた。

25作品ずらり

 今回のフェアでは、40周年記念として「コンテナガーデンコンテスト」を拡大開催。公募した寄せ植え作品25点が集まり、当日に荻原圭一多摩区長や同センター関係者による審査が行われた。

 趣向を凝らした作品が並ぶ中、最優秀賞に選ばれたのは「宮前ガーデニング倶楽部」で活動する斉藤広子さんと佐藤たき子さんの作品。「庭のかたすみ、秋の終わりに」と題し、庭の隅にあった切り株のコンテナや身近な花材を活用した。斉藤さんは「このような賞は初めて。花が好きで倶楽部で20年、皆さんの協力のおかげ」と語った。

最優秀賞の斉藤さん
最優秀賞の斉藤さん

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

対象施設 7割未作成

水害等避難計画

対象施設 7割未作成 社会

市、台風被害受け危機感

12月6日号

背泳ぎで東京めざす

パラ金メダリスト成田真由美さん

背泳ぎで東京めざす スポーツ

来春、代表選考会に照準

12月6日号

交通問題 解消へ一歩

自治会 生田山の手

交通問題 解消へ一歩 社会

タクシー活用から検討

11月29日号

女子 初の関東大会へ

稲中駅伝部

女子 初の関東大会へ スポーツ

27年ぶり市制覇、1日号砲

11月29日号

30施設 復旧は来年度

多摩川河川敷

30施設 復旧は来年度 社会

市、原状回復へ補正予算

11月22日号

公私立 枠超え継続

こどもふれあいステージ中野島

公私立 枠超え継続 教育

カリタスに生徒ら175人

11月22日号

住民説明会 月末に

フロンタウン生田

住民説明会 月末に 経済

市、川崎Fと契約へ

11月15日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク