多摩区版 掲載号:2021年1月22日号 エリアトップへ

下布田小 「調布町」の基標 設置 小川米夫さんと歴史継承

教育

掲載号:2021年1月22日号

  • LINE
  • hatena
児童の玄関前に設置された基標と小川さん(左)、解説の案内板を手にする千野校長=1月15日
児童の玄関前に設置された基標と小川さん(左)、解説の案内板を手にする千野校長=1月15日

 多摩区布田は昔、東京だった――。布田の小川米夫さん(70)宅の床下から2004年に出土し、川崎市市民ミュージアムに寄贈された「東京府」「調布町」の地名を示す基標。小川さんと同館の厚意で今年度、市立下布田小学校(千野隆之校長)に設置された。

 石製の基標に記されているのは「東京府」と、「調布町下布田飛地 基標」という文字。出土した当時、市民ミュージアム職員は「東京府の人が作ったもので間違いない」との見解を示している。東京都は1868年から1943年まで東京府で、小川さん宅周辺がかつて東京府の飛び地だったことを示す証拠といえる。

 同館の所蔵品だった基標を、千野校長が働きかけて借り受け、昨年11月に小川さんが設置。「下布田小のみんなに見てもらえるように」と2人で話し、児童が利用する玄関前に決めた。「千野校長と思いが合致し実現できた」と小川さんは喜ぶ。千野校長は「ここが昔、東京だったことが分かる貴重な記録。この場所に置かれていることに意味がある」と話す。

 この歴史を児童たちに伝えようと、千野校長は市民ミュージアムの資料をもとに地名の由来などをまとめ、基標設置の経緯と合わせて解説文を作成。児童にも読んでもらえる案内板として掲示する予定だ。

 資料によると、1889年に下布田村と周辺の8つの村が合併し、神奈川県北多摩郡調布町になった。1893年に北多摩郡は東京府に移され東京府北多摩郡調布町下布田になり、1912年に多摩川を東京府と神奈川県の境とし、飛び地を整理。下布田は神奈川県になり、38年に稲田町として川崎市に入った。

 同校7代、12代PTA会長で、調布花火の協賛を続ける小川さん。「基標は歴史の流れを鑑みる一つの材料。川崎市と調布市の交流のきっかけになれば」と期待する。

春の無料体験スクール開催中!

黒田ギター教室/ファーストステップス登戸校 体験当日入会で入会金無料!

https://k-gs.jp/

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

親しみ込め「たまずん」

黄金色ナマズ

親しみ込め「たまずん」 社会

東菅小・工藤さんら 命名

2月26日号

遺志継ぎ、のらぼう育て

遺志継ぎ、のらぼう育て 経済

菅・高橋孝次さんの畑

2月26日号

連携や担い手、糸口探る

【Web限定記事】多摩区町会連合会

連携や担い手、糸口探る 社会

研修会 区外2団体の事例共有

2月19日号

区制50周年へ機運高め

【Web限定記事】多摩区予算案

区制50周年へ機運高め 政治

総額約12億6千万、2年連続増

2月19日号

コロナ対策に217億円

川崎市予算案

コロナ対策に217億円 政治

追加予算見据え、経営支援

2月12日号

画面越え 思い交わす

たま音楽祭

画面越え 思い交わす コミュニティ文化

配信、可能性広げた2日間

2月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク