神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

川崎市 創業支援で活性化図る 多摩区で2店がスタート

経済

公開:2024年6月14日

  • X
  • LINE
  • hatena
㊤夫婦で施術を行う栗原渓さん(右)と妻の愛(めぐみ)さん㊦キッチンでほほ笑む高橋さん
㊤夫婦で施術を行う栗原渓さん(右)と妻の愛(めぐみ)さん㊦キッチンでほほ笑む高橋さん

 地域活性化、交流機会の創出などを目的に2022年度から始まった、かわさき店舗出店支援プログラム「NOREN」。同プログラムを活用した2店舗が今年、多摩区・麻生区エリアでは初めて新規開店した。市は支援による学びが経営に生かされ、地域振興につながることに期待を寄せる。

 NORENは、川崎市内での創業や、創業後3年以内の既存事業の見直しを検討している人を対象に、地元商業に詳しいアドバイザーや、コンサルティング経験をもつ講師陣による指導のもと、マーケティングや事業計画の立て方、融資の相談などを通して経営の基本を学ぶことができるプログラム。主催する市経済労働局の職員は「市内にあるどの商店街も高齢化や次世代の担い手不足に悩んでいる。新規店舗が増えることでまちの活性化につながれば」と企画の意図を語る。

 23年度に実施した第2期では、市内個人店を回り、意欲のある商業者とのつながり創出を目的に実施するフィールドワークの回数を増やした。担当者は「地域に愛着のある開業者を増やし参加者同士だけでなく地域全体がつながることも大切な目的」と力を込める。

 今年度は過去の反省点を踏まえ、個別相談会の実施を予定しているという。市担当者は「個々の悩みを聞くことで、より手厚い支援ができれば」と今後の展望を語る。

 現段階でのプログラム卒業生は1期生13人、2期生15人の計28人で、多摩区、麻生区では各2人ずつが修了している。

共に手をとり合い

 今年1月に両区内で初めて新規開店したのが第2期の卒業生・栗原渓さんが営む「ふくぎ鍼灸接骨院」(多摩区登戸)だ。2期生の中で実際に開業したのは初。栗原さんは「最も役立ったのはビジネスプランの作成・発表。プレゼン後の『メイン軸を明確にすべき』というフィードバックから、頭痛に特化するというコンセプトが固まった。有意義な意見ばかりで今も指針になっている」と振り返る。

 第1期卒業生の高橋正人さんは中華ビストロ「五廻〜GOKAI〜」を6月6日に登戸にオープンさせた。SNSの運用方法など学ぶことも多かったと話す高橋さん。「同じ目的の人が集まるので仲も深まりやすかった。昔から地元で生活している人と新しくまちに根付いた人が手をとり合いながら、地域を盛り上げていければ」と思いを語った。

サマーセール開催中!

店内「宝飾品」「腕時計・目覚まし時計」20%オフ!

044-833-1573

<PR>

多摩区・麻生区版のトップニュース最新6

麻生川の桜18本を伐採

道路公園センター

麻生川の桜18本を伐採

安全を最優先「やむを得ず」

7月12日

共生の場作り 今年も始動

多摩市民館青年教室

共生の場作り 今年も始動

障害者とボラ 交わり楽しむ

7月12日

みどり活用でまち育てる

川崎市

みどり活用でまち育てる

地域連携 遊園で実証実験

7月5日

100年 オール川崎で祝賀

100年 オール川崎で祝賀

飛躍祭 音、食、スポーツに沸く

7月5日

多摩建友会の全社認定

川崎市消防団協力事業所

多摩建友会の全社認定

災害時、重機活用など期待

6月28日

公園禁煙化、「望む」が54%

川崎市

公園禁煙化、「望む」が54%

6カ所でアンケート

6月28日

永代供養・合祀墓は4万円から

納骨にお困りの方「眞宗寺」の永代供養墓は後々の費用なし、生前申込・改葬代行

044-965-0965

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月28日0:00更新

  • 6月21日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

多摩区・麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook