麻生区版 掲載号:2015年6月19日号 エリアトップへ

柿生郷土史料館タイアップ企画 柿生文化を読む 第62回天保の飢饉王禅寺村はその時どうした(3)後編

掲載号:2015年6月19日号

  • LINE
  • hatena
「天明飢饉之図」(江戸時代中期)
「天明飢饉之図」(江戸時代中期)

 【前号から続く】近隣の小野路村(現町田市)にも当時の様子を知る手がかりとなる、小野路村名主小島家の文書が伝えられています。それによりますと、天保7年7月18日の記述には「七月十七日からの雨は朝より東南の風が吹き、雨降り止まず、堀や川筋は残すことなく冠水し街道にも水が流れ込んだ」さらに「今年は春から雨が多く諸作物の生育は大変悪かった。したがって関東一円は一般的に世の中が不穏で、穀物は高騰している。贅沢をしている農家や町人に至るまでこの状況を不吉なこととは夢にも思っていないようだが、親類の高座郡上溝村の老人が、天明四年の気候と大変よく似ているという言葉を聞き、安心できないと考えている」さらに「この状況を領主に報告し飢饉の可能性を訴え、蔵にある穀物の在庫を確認。物価高騰のきっかけとなる穀物の売り買いをしない事などが肝要である」などと小野路村の名主も事の重大性を案じています。

 小野路村も王禅寺村も同じような状況があったようです。どちらの村の名主も米穀の買い占めによる米価の高騰に大変神経を使っていたように思えます。

 文:板倉 史料:志村家文書「差上申御請証文之事天保7年7月」、小島家文書「小島日記 天保7年7月」

 

麻生区版のコラム最新6

区民創設劇団の挑戦

区民記者が走る! vol.7 2021年 November

区民創設劇団の挑戦

11月26日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その1)【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

11月26日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」賀勢庄の故地「加瀬」と鎌倉御家人加世氏について【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

11月19日号

GO!GO!!フロンターレ

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子でオランダ旅体験

親子でオランダ旅体験

クリスマスカード作りも

12月4日~12月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook