麻生区版 掲載号:2017年11月10日号 エリアトップへ

柿生郷土史料館タイアップ企画 柿生文化を読む 第111回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(1)石造物〜庚申塔 前編

掲載号:2017年11月10日号

  • LINE
  • hatena

 徳川幕府によって戦乱の世が終わり、庶民の暮らしが安定してきた江戸期、村々に寺社への帰依とは異なる、石造物を造立しての民間信仰が起きてまいります。庚申・地神・地蔵などの信仰がそれですが、年代からいうと、庚申塔が先に造立されているようです。

 庚申信仰とは「人の体の中には三尸(さんし)の虫がいて、十干(じっかん)、十二支の組み合わせで60日に一度巡ってくる庚申(かのえさる)の日、人が眠ると体内から抜け出しその人の悪業を天帝に告げてしまう」という中国の道教(老子)から起きたものだそうで、平安・鎌倉時代の貴族や武士たちは「守庚申」とこれを信じました。室町時代にも「庚申待」と呼ぶ信仰があったようですが、石塔を造立するまでには至っていませんでした。

 麻生周辺で一番古い庚申塔は岡上の隣、現緑区田奈町所在の慶安三年(1650)の銘がある5輪塔の庚申塔で「于時慶安三庚寅暦 奉造立庚申待為供養 塔婆奉願望 地日成就祈所 武州都筑郡恩田村 霜月吉日 施主 敬白」と刻まれており(「緑区歴史の舞台を歩く」相澤雅雄より)、年代から推して、この施主はこの地の土豪層と思われます。川崎市内での最古は幸区の無量院にある燈籠型庚申塔で寛文元年(1661)の銘があり、また生田長沢の盛源寺参道に見る石柱型庚申塔は寛文十年(1670)の造立で、「山王大権現為供養也 武州橘樹郡菅生郷長沢村)と記されており、この2基は市の重要郷土資料に指定されています。

 庚申塔の特徴は正面に青面金剛像(しょうめんこんごうぞう=病魔退治の鬼神)が刻まれているのが一般的で願意銘文もさることながら、「庚申」を「申待」と呼んだことから、猿を天帝の使いとし石塔の下部に「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿が彫られているので他の石塔とは容易に判別がつきます。【後編へ続く】

 参考資料:歴史の舞台を歩く(相澤雅雄)」「麻生区の神社と寺院」「市石造物調査報告書」「早野七つの池と共に」

 文:小島一也(遺稿)
 

公益社団法人 川崎西法人会

税のオピニオンリーダーとして地域に密着し、会員企業・一般向けの研修会を実施

https://www.kawasakinishihojinkai.or.jp

川崎のプロレス団体ヒートアップ

8月10日に新百合21ホールで無料チャリティー興行開催!詳細はHP

https://heat-up.biz/

川崎市遊技場組合

パチンコ・パチスロは適度に楽しむ遊びです

http://www.kykk.com/

和光大学

入試相談&キャンパス見学実施中。オンラインでも対応しています。

http://www.wako.ac.jp/

J:COM 町田・川崎局

もっと、あなたに響くこと。J:COM

https://www.jcom.co.jp/

川崎フロンターレ

全力プレーと地域活動で川崎を笑顔に!

https://www.frontale.co.jp

学校法人 桐蔭学園

『自ら考え 判断し 行動できる』園児・児童・生徒・学生を育てる

http://toin.ac.jp/

JAセレサ川崎

食と農を守り豊かな暮らしの実現をめざして都市農業の振興と地域社会の発展に貢献

https://www.jaceresa.or.jp/

麻生交通安全協会

飲酒運転根絶ハンドルキーパー運動を推進

http://www.police.pref.kanagawa.jp/ps/49ps/49_idx.htm

しんゆり交流空間リリオス

カフェ併設のレンタルスペースで子育てママから元気シニアなど、イベント開催中!

http://www.lirios.jp/

株式会社カジノヤ

味にこだわり、心を込めた納豆づくり

http://www.kajinoya.co.jp/

お参りは柿生のこんぴらさんへ

いつでも、どなたでも気軽にお参りできる、バリアフリーの琴平神社

http://kotohirajinja.com/

柿生禅寺丸柿保存会

禅寺丸柿ワインの製造、販売も行っています。10 月21 日は禅寺丸柿の日。

http://asao-kankou.jp/?page_id=4744

川崎麻生ロータリークラブ

緑豊かな麻生区を中心に活動しています

http://www.asaorc.net/

川崎授産学園

地域と共に歩む 職員を募集中

http://www.seiwa-gakuen.jp

わがまちへ貢献・麻生区文化協会

麻生区の文化団体が集まり「麻生区文化祭」を毎秋に開催しています

http://home.sato-gallery.com/asao-bunka/asao-bunka.html

音楽工房 座 MARU

こどもから大人まで…音楽でつながる安らぎと感動を

https://www.townnews.co.jp/0205/2012/12/14/169114.html

かわさき産業親善大使 神崎順

芸術の街・しんゆりに生まれた夢のレビューを皆様と

http://www.esp-revue.com/

晃進会 たま日吉台病院

職員(栄養科スタッフ、事務当直スタッフ)募集中!詳細はHPへ

http://tamahiyoshi.or.jp/recruit/index.html

麻生区の音楽ホールと文化教室

軽井沢気分の心地よさ~しまりすミュージックホール&しまりすギャラリー

http://www.shimaris.com/

川崎市アートセンター

芸術のまちづくりを継承、発展させるアートセンター

http://kawasaki-ac.jp/

<PR>

麻生区版のコラム最新6

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

第2回 シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【2】 文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

7月31日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

第2回 シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【1】 文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

7月10日号

あっとほーむデスク

  • 8月7日0:00更新

  • 7月24日0:00更新

  • 7月17日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月7日号

お問い合わせ

外部リンク