麻生区版 掲載号:2017年11月10日号
  • googleplus
  • LINE

柿生郷土史料館タイアップ企画 柿生文化を読む 第111回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(1)石造物〜庚申塔 前編

 徳川幕府によって戦乱の世が終わり、庶民の暮らしが安定してきた江戸期、村々に寺社への帰依とは異なる、石造物を造立しての民間信仰が起きてまいります。庚申・地神・地蔵などの信仰がそれですが、年代からいうと、庚申塔が先に造立されているようです。

 庚申信仰とは「人の体の中には三尸(さんし)の虫がいて、十干(じっかん)、十二支の組み合わせで60日に一度巡ってくる庚申(かのえさる)の日、人が眠ると体内から抜け出しその人の悪業を天帝に告げてしまう」という中国の道教(老子)から起きたものだそうで、平安・鎌倉時代の貴族や武士たちは「守庚申」とこれを信じました。室町時代にも「庚申待」と呼ぶ信仰があったようですが、石塔を造立するまでには至っていませんでした。

 麻生周辺で一番古い庚申塔は岡上の隣、現緑区田奈町所在の慶安三年(1650)の銘がある5輪塔の庚申塔で「于時慶安三庚寅暦 奉造立庚申待為供養 塔婆奉願望 地日成就祈所 武州都筑郡恩田村 霜月吉日 施主 敬白」と刻まれており(「緑区歴史の舞台を歩く」相澤雅雄より)、年代から推して、この施主はこの地の土豪層と思われます。川崎市内での最古は幸区の無量院にある燈籠型庚申塔で寛文元年(1661)の銘があり、また生田長沢の盛源寺参道に見る石柱型庚申塔は寛文十年(1670)の造立で、「山王大権現為供養也 武州橘樹郡菅生郷長沢村)と記されており、この2基は市の重要郷土資料に指定されています。

 庚申塔の特徴は正面に青面金剛像(しょうめんこんごうぞう=病魔退治の鬼神)が刻まれているのが一般的で願意銘文もさることながら、「庚申」を「申待」と呼んだことから、猿を天帝の使いとし石塔の下部に「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿が彫られているので他の石塔とは容易に判別がつきます。【後編へ続く】

 参考資料:歴史の舞台を歩く(相澤雅雄)」「麻生区の神社と寺院」「市石造物調査報告書」「早野七つの池と共に」

 文:小島一也(遺稿)

麻生区版のコラム最新6件

柿生文化を読む

柿生郷土史料館タイアップ企画

柿生文化を読む

1月19日号

柿生文化を読む

柿生郷土史料館タイアップ企画

柿生文化を読む

1月12日号

柿生文化を読む

柿生郷土史料館タイアップ企画

柿生文化を読む

12月15日号

柿生文化を読む

柿生郷土史料館タイアップ企画

柿生文化を読む

12月8日号

柿生文化を読む

柿生郷土史料館タイアップ企画

柿生文化を読む

12月1日号

歯ウ・トゥ・ケア

ホワイトファミリーつつみ先生の

歯ウ・トゥ・ケア

11月24日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

伝統の「能楽」気軽に体験

伝統の「能楽」気軽に体験

市民館で全3回講座

1月30日~2月13日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第116回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 後編

    1月19日号

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第115回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 前編

    1月12日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

お問い合わせ

外部リンク