麻生区版 掲載号:2019年7月26日号 エリアトップへ

ホワイトファミリーつつみ先生の 歯ウ・トゥ・ケア How To Care vol.16歯みがきクリームにご注意を!

掲載号:2019年7月26日号

  • LINE
  • hatena

 「歯が白くなる」「歯が強くなる」などなど、市販されている歯みがきクリームの謳い文句は色々あります。最近では炭歯磨き粉も店頭で見かけますが、私たち歯科医からみても「ちょっと歯が削れるよ?」と思います。

 歯みがきのお供として考えると、一番怖いのは『研磨成分』が入っている商品です。多くは研磨剤とはっきり表示せずに、清浄、清掃剤、絡め取るとか、研磨とは謳わないのです。※歯を溶かすリン酸やリンゴ酸の酸成分を含めるものもあります。

 「歯のエナメル質よりも弱い研磨成分だから大丈夫では?」と思われる方でも、毎日繰り返し使い続けるもの、と考えると答えは明らかではないでしょうか?研磨成分を含有する歯みがきクリームを10年間使い続けると歯の表面が磨り減り、歯根も露出してきます。

 一番大切なのは「お口の中を清潔に保つこと」です。それには研磨材歯磨き粉ではなく、細菌の繁殖を防ぐ抗菌剤の入ったものを選ぶこと。基本的に液体の歯磨剤が良いと考えています。

 その次に大切なのがプロの定期チェック。毎日のホームケアでは同じ箇所ばかりを擦りがちです。3ヶ月に1回はクリニックでプロのケアを受けることも大切です。
 

麻生区版のコラム最新6

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

第2回 シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【2】 文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

7月31日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

第2回 シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【1】 文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

7月10日号

あっとほーむデスク

  • 7月24日0:00更新

  • 7月17日0:00更新

  • 7月10日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月31日号

お問い合わせ

外部リンク