麻生区版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

柿生文化を読む 第160回 シリーズ「麻生の歴史を探る」御岳山信仰〜勧化と御師〜 前編 文:小島一也(遺稿)

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena
大口真神社(御嶽山山頂)
大口真神社(御嶽山山頂)

 「新年、人々は子ノ神社に、戒翁寺に詣でる。昭和63年、道行く人の安全を願いお地蔵様を建立、路傍の石仏は人々を見守る。念仏講、地神講、天王様…人々は信仰を通して結び付く。人々は自然や神仏を畏敬し、心豊かな暮らしを続ける」。これは早野郷土史刊行会が発行した「七つの池とともに」の一節ですが、まこと、私どもの祖先が辿った生活の原形で、そこには「信仰」という心の働きがありました。

 石造物の信仰につきましては先に述べましたが、江戸時代も後期になると、この地方の村々には勧化聖(かんげひじり)とか御師(おし)と称する宗教者が訪れ、新しい信仰を布教し始めたといいます(川崎市史)。勧化とは、秋葉山勧化とか常安寺勧化がそれで、これは、主として寺社への寄進を願う僧と言われ、勧化の中には幕府の許可を得た「御免勧化」があり、これは聖と称せられ、全国有力寺社への寄進を求める幕府公認の宗教者でした。王禅寺村には弘化4年(1847)四国讃岐の善通寺の御免勧化が、また、安政4年(1857)には紀州高野の高室院なる勧化聖が訪れており(志村家文書)、これに対して王禅寺村では「御免勧化来村、古来より仕来りあり、当村銭200文…」と費用を負担した記録があるそうで、高室院勧化の際は、下麻生村まで迎えに出て、帰りは大棚村から保土ヶ谷宿まで見送ったとのことで、村々はこの御免勧化の扱いには悩んだのではないでしょうか。

 これに比べ御師は、主として山岳を聖地として、農耕にかかわる信仰の布教者で、農民の家に足を運び、自ら得た知見、体験、霊験を語り、信仰の講を組織するに至っています。昭和7年発行の柿生岡上村郷土史には、郷土の信仰、講社の項があり、それには江戸時代から今に残る信仰講中に、御嶽講、榛名講、大山講、秋葉講、成田講、伊勢講、富士講などの講の名が記されています。

   【後編に続く】
 

麻生区版のコラム最新6

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【5】 「鶴見寺尾絵図」【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

11月27日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【5】 「鶴見寺尾絵図」【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

11月13日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【5】 「鶴見寺尾絵図」【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

10月30日号

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

女性・子どものため活動20年

NPO法人花みずき

女性・子どものため活動20年

 記念コンサート開催

12月5日~12月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク