麻生区版 掲載号:2020年7月31日号 エリアトップへ

GO!GO!!フロンターレ

掲載号:2020年7月31日号

  • LINE
  • hatena
あすから販売される「青椿」©川崎フロンターレ
あすから販売される「青椿」©川崎フロンターレ

ふろん田発日本酒あすから販売

 サッカーJ1・川崎フロンターレが挑戦する農業プロジェクトから誕生した日本酒(微発泡清酒)の名前が「青椿」に決まり、8月1日から販売される。

 この取り組みは同クラブと友好協定「高田フロンターレスマイルシップ」を結ぶ岩手県陸前高田市で行われている。同クラブは昨年、クラブマスコット「ふろん太」の名前を冠した「ふろん田」を開発し、サポーター参加による田植えツアーや選手達による苗の育成、現地での農作業などを展開。地元酒造会社「酔仙酒造」の協力のもと、日本酒を造り、名前を公募。約300件の中から選ばれた。

 ネーミングの椿は川崎市の木、陸前高田市の花であることにちなむ。そこにフロンターレの青を入れ、「まだこの世に存在しない『青色の椿』を由来にした」と同クラブは説明する。川崎フロンターレオフィシャルカフェ「FRO CAFE」で販売。価格は700円税別。詳しくは同クラブホームページ(https://www.frontale.co.jp)参照。
 

ふろん田づくりには選手やサポーターが関わる
ふろん田づくりには選手やサポーターが関わる

麻生区版のコラム最新6

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」源平の争乱を生き抜いた武士 小山田有重【1】 文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

4月16日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」多くの武士が割拠した鶴見川流域【3】 文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

4月2日号

GO!GO!!フロンターレ

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

黒川で「ピザ焼き体験」

黒川で「ピザ焼き体験」

GWに野外活動センターで

5月3日~5月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter