麻生区版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

柿生文化を読む シリーズ「鶴見川流域の中世」多くの武士が割拠した鶴見川流域【2】 文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena

 さて、鶴見川流域にもどって武士を見てみると、小山田(小山田庄・保)・加世(賀勢庄)を除くと庄園を名字とする武士は見られない。他は国衙領である郷を名字とする武士で、これが多数を占めている。鶴見川流域の地形の特徴である谷戸と丘陵を基盤として、中世の胎動期に「郷」が形成されて、その郷を本拠地として武士が生まれたからである。それぞれの出自をみると横山党・秩父平氏・都筑党、さらに出自不詳の武士が多数を占めている。

 成瀬は横山党の隆遠(藍原次郎大夫)の三男時綱の子孫は成瀬を名乗っている。小山田・中山・小机・師岡・渋口は秩父平氏の出自であり、都筑は都筑党の武士と思われるが、はっきりしたことがわからない謎の多い武士である。

 鶴見川流域の武士は幾度も入れ替わっている。それは治承寿永の内乱、源頼朝亡き後の鎌倉幕府内部の権力闘争、鎌倉幕府滅亡から南北朝内乱、享徳の乱以降の戦国争乱、豊臣秀吉による小田原北条氏討伐などの戦乱によるもので、前代の武士が一掃される事もあった。    (つづく)
 

麻生区版のコラム最新6

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」県下最古の板碑〜寛元二年銘板碑等と御家人鴨志田氏について〜【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

10月22日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

大正橋のほとり癒しの庭が

区民記者が走る! vol.6 2021年 October

大正橋のほとり癒しの庭が

10月15日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」県下最古の板碑〜寛元二年銘板碑等と御家人鴨志田氏について〜【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

10月8日号

GO!GO!!フロンターレ

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ステージで発表・ライブ

ステージで発表・ライブ

10月29日 FAiCO出演

10月29日~10月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook