麻生区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

柿生文化を読む シリーズ「鶴見川流域の中世」謎の深い前滝口榎下重兼たち【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
榎下郷周辺の地図 榎下の地名が記されている
榎下郷周辺の地図 榎下の地名が記されている

 10年ほど前に京都在住の中世史研究者N氏から手紙をいただいた事があった。N氏は中世武士団研究に貴族の日記を活用する手法で目覚ましい業績をあげていた。手紙には「『吾妻鏡』建久5年(1194)8月20日条にある前滝口榎下重兼は鶴見川流域の武士の可能性を考えてみたが、それを直接証拠だてる史料に欠ける。傍証として重兼の「重」は武蔵国の武士団である秩父平氏の通字であること。榎下という地名を武蔵国内で探すと都筑郡に榎下郷であることがあげられる。付近には麻生郷があるので、地元にいる私に意見を求めたい」という内容であった。その時は芳しい返事を出さなかったように記憶しているが、頭の片隅にこの問いかけが残っているので、この機会にもう一度考えてみたい。

 では『吾妻鏡』を見よう。建久5年(1194)8月20日、甲斐源氏の遠江守安田義定の伴類(一味)の武士達が名越辺において処刑された。武士の名前は前滝口榎下重兼、前右馬允宮道遠式、麻生平太胤国、柴藤三郎、武藤五郎であった。この事件の前日に反逆の咎で安田義定は梟首されている(『吾妻鏡』)。(つづく)
 

麻生区版のコラム最新6

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」県下最古の板碑〜寛元二年銘板碑等と御家人鴨志田氏について〜【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

10月22日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

大正橋のほとり癒しの庭が

区民記者が走る! vol.6 2021年 October

大正橋のほとり癒しの庭が

10月15日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」県下最古の板碑〜寛元二年銘板碑等と御家人鴨志田氏について〜【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

10月8日号

GO!GO!!フロンターレ

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ステージで発表・ライブ

ステージで発表・ライブ

10月29日 FAiCO出演

10月29日~10月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook