多摩区版 掲載号:2017年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

脳神経外科 「脳振とう」ってどんな症状?

諌山和男院長
諌山和男院長
 以前のラグビーシーンで懐かしいのは、頭を打った選手にやかんの水をかけると、すっと立ちあがる光景。”魔法のやかん”の登場でした。これは、正しい処置ではなく、もうスポーツシーンではみられません。

 国際的ラグビーではHIA(ヘッド・インジュリー・アセスメント)が導入されており、脳振とうの疑いのある選手は一時的に退出し、専門的な講習を受けた医師が10分間で試合続行かを確認します。これは、脳振とうが選手の健康に重大な問題を起こすため、それを予防しようという試みから始まっています。

異常なくても要注意

 「脳振とう」とは、頭部への打撃によって脳が大きく揺さぶられることで起こる一時的な機能障害です。症状は頭痛、めまい、意識を失う、ふらつき、嘔吐、けいれん、反応の鈍りなどです。頭の中の出血や脳挫傷の可能性もあり、病院でのCTやMRIの検査が必要となります。

 CTやMRIで異常がなくても、「セカンドインパクト症候群」と「慢性外傷性脳症」という問題があります。セカンドインパクトというのは、脳振とう後、さらに頭を打ってしまい、急な脳の腫れや出血をきたす状態のことで、命の危険性があります。さらに慢性外傷性脳症は、数年から10年以上たってから起きる認知症や身体の異常です。

 脳振とうはスポーツに限らず、日常生活の中でも見られます。頭を打ってしまったら、まずは専門医に相談しましょう。

昨年移転した本院
昨年移転した本院

多摩脳神経外科

神奈川県川崎市多摩区登戸1654

TEL:044-931-0020

http://www.tamaneuro.com

多摩区版のピックアップ(PR)最新6件

市民公開講座「肝臓のがんを知ろう」

聖マリアンナ医大 未来がん医療プロフェッショナル養成プラン 参加費無料

市民公開講座「肝臓のがんを知ろう」

12月15日号

1日限定「らくらくスマホ教室」

映画でLGBT理解

車のお掃除 プロにおまかせ

神奈川トヨタ

車のお掃除 プロにおまかせ

12月8日号

つかめる「歌うコツ」

アップルで不安解消

多摩区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク