多摩区版 掲載号:2017年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

歯科

適正なインプラントとは?見た目や痛みは?

光澤優自院長
光澤優自院長
 自分の歯のようにきちんとかめて、自然な見た目も大きな特徴なのがインプラントです。「第2の永久歯」として、インプラントが広く普及しつつあるのです。

 厚生労働省などの調査によると、歯を失っている人の割合は50歳を過ぎると約6割、平均約2・6本あるといわれています。75歳以上では、自分の歯が20本以上残っている人の割合は4割弱ほどになります。

 インプラントはさまざまな手法や価格があります。手術には高い技術と知識が不可欠ですが、全国ではインプラントに関するトラブルが報告されているのも事実です。安価なものもありますが、どうでしょうか。

 当院では15人のチーム医療を整え、インプラントの専門医を配置。専門医の症例数は年間1千本を超えます。患者さんへの負担を極力抑えるため、コンピューターで正確な手順を導く世界標準の医療機器を導入しています。手術の痛みについては、麻酔技術が飛躍的に進化していますから、過度な心配はいりません。麻酔時の痛みを抑えるため、まず表面麻酔をしてから局所麻酔を行います。痛みを我慢しながら進めるような手術ではありません。

 当院では日本人のあごの特性に適した技術を導入しています。見た目のきれいさも重視し、負担が抑えられるため、当日のうちに食事ができるようになるケースも見られます。

 まずは適正に手術が行えるか、患者さんの状態を正確に判断することが大切です。事前に診断をしっかりと行い、治療内容を丁寧に説明することが、インプラント治療には必要です。

インプラントは自由診療で1本30万円〜
インプラントは自由診療で1本30万円〜

光澤歯科医院

神奈川県川崎市多摩区中野島3-27-10

TEL:044-922-4400

http://www.home-dental.jp/

多摩区版のピックアップ(PR)最新6件

40歳以上が大活躍中

警備会社スタッフ募集

40歳以上が大活躍中

10月20日号

税金の無料相談会

税金の無料相談会

10月20日号

弁護士らによる無料相談会

「脳振とう」ってどんな症状?

脳神経外科

「脳振とう」ってどんな症状?

10月13日号

パーキンソン病でも日常生活を維持できますか?

立地に合う「7種類」の実家や自宅の活用法

税理士による 安心で豊かな老後と相続対策を

立地に合う「7種類」の実家や自宅の活用法

10月13日号

多摩区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク