箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2013年4月19日号
  • googleplus
  • LINE

4月1日から神奈川県獣医師会西湘支部の支部長を務める 足立衛紀(えいき)さん 足立どうぶつ病院院長 49歳

動物の”温もり”を伝える

  ○…4月1日に神奈川県獣医師会西湘支部の支部長に就任した。支部の活動は、狂犬病の予防接種をはじめとするペットの健康管理、教育現場での飼育指導から家畜衛生や畜産振興まで実に幅広い。さらに来年は西湘地域を会場に県獣医師会の『動物フェスティバル』が予定され、自身が実行委員長を務めるとあって「大変な時に順番が回ってきたよ」と苦笑いを浮かべる。それでも「やるからには、楽しく」と気負いはない。具体的な準備はこれからだが「動物も飼い主も喜んでもらえる1日にしたい」。イメージを膨らませる毎日だ。

 ○…生まれも育ちも横浜。鳥、魚、犬、猫…これまで共に暮らしてきたペットは次々とあがる。小さな手で抱いた温もり、そして幼心に残る”別れ”が獣医師を志した原点だ。「根っからの勉強嫌い」で高校時代はバンド活動に明け暮れたが、夢がぶれることはなかった。獣医学部のある大学へ入ると、今度は研究室に籠もる生活が待っていた。早朝から馬舎に通い、講義が終わると、また馬の世話…。「正直、”学生らしく”遊ぶ時間はあまりなかったよ」というのも、今ではいい思い出だという。 

 ○…高校の遠足で山登りが億劫になり一人行先を変更、小田原を訪れた。その時「いい所だなぁ」と感じた印象がどこか残っていて、開業の地に小田原を選んだという。2人の子宝にも恵まれ「子どもとの時間が一番の息抜き」とパパの顔をのぞかせる。最近のブームは、息子と遊ぶ戦隊ヒーローごっこなのだとか。

 ○…命を預かる仕事だけに、時に夜も眠れない忙しい毎日だが「別れの時をどう迎えるのかを一緒に考えてあげたい」。その一心で日夜診療に励んでいる。「ペットを飼う=辛いことじゃない、それ以上に得る幸せがあるから」。飼い主が別れを受け入れ、その後いつか新たなペットを抱いて、再び診療に訪れてくれる姿が何よりの喜びだ。
 

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6件

青木 里美さん

関東ブロック商工会女性部の主張大会に出場した

青木 里美さん

7月20日号

小松崎 和夫さん

小田原剣道連盟の会長に就任した

小松崎 和夫さん

7月6日号

折橋 大貴さん

箱根町で「朝粥の会」を開いている

折橋 大貴さん

6月22日号

大島 星子さん

20日10時半から湯河原の図書館で「みみずく大人のおはなし会」に出演する一人

大島 星子さん

6月8日号

菊原 慶太さん

真鶴町商工会青年部の部長になった

菊原 慶太さん

5月25日号

鈴木 公子さん

5月12日の真鶴豊漁豊作祭で舞う「焼亡の舞保存会」会長を務める

鈴木 公子さん

5月11日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク