箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2013年7月19日号
  • googleplus
  • LINE

宮ノ下駅前で「箱根エイリアン展」を開いているクラフト作家 永井 悦子さん 湯河原町吉浜在住 46歳

丸メガネに渦巻く好奇心

 ○…箱根・宮ノ下駅前で開いた個展を覗くと、ふんわりした羊毛製の「箱根エイリアン」たちが並ぶ。大涌谷や強羅を歩きながら、3年前から見出していたという異形のキャラ。芦ノ湖に住むという人魚や黒たまごと温泉好きな宇宙人など、どれも箱根にどっぷり浸かった表情をしており、ギャラリーを訪れる観光客は不思議そうに見入っている。「次は地元湯河原の宇宙人を作ろうかと。ミカン型星人がいますから」とにやり。普段は作家活動とともに子供たちを集めたワークショップを開く。まずは何色もの羊毛を薄く重ね、丸める。カッターで切ると断面は美しい模様…これが何人もの子どもを虜にした。

 ○…平塚市出身。西湘高校に進学後、ロックバンドを結成してシンディ・ローパーなど洋楽をコピーしていた。「ドラム担当だったんですが、たまに歌う。でたらめな英語でね。海外留学生が目の前にいたのに」。このバンド話を皮切りに、思い出話を始めると、落語のようなオチがつく。母が洋裁の名人だったこともあり、実家は「布きれ」にあふれていた。その影響で東京染色美術学院に通うようになり友禅染などを学ぶ。当時は藍染めの色が爪に染み込み、周囲も不思議がる青い指先をしていたという。

 ○…夫の等さんが釣り好きだったこともあり8年ほど前に吉浜に移住した。骨の収集家という横顔をもつ。夫が魚を釣ったら身を食べ、骨は保存。湯河原を選んだ理由は風光明媚さでだけでなく、ここが骨に恵まれた土地だからだ。「骨って美しいんですよ。色も単なる白ではないし、すべてをそぎ落とした最終形だから」。好奇心と探究心にかり立てられ、生命の星地球博物館の剥製作りボランティアに参加したことも。自宅は動物の骨や、拾った鳥の巣、貝、虫の繭が並び、もはやプチ博物館。要するに「まだまだ知らないものがいっぱいなんです」。語りながら見えない何かを探すようだった。
 

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6件

青木 里美さん

関東ブロック商工会女性部の主張大会に出場した

青木 里美さん

7月20日号

小松崎 和夫さん

小田原剣道連盟の会長に就任した

小松崎 和夫さん

7月6日号

折橋 大貴さん

箱根町で「朝粥の会」を開いている

折橋 大貴さん

6月22日号

大島 星子さん

20日10時半から湯河原の図書館で「みみずく大人のおはなし会」に出演する一人

大島 星子さん

6月8日号

菊原 慶太さん

真鶴町商工会青年部の部長になった

菊原 慶太さん

5月25日号

鈴木 公子さん

5月12日の真鶴豊漁豊作祭で舞う「焼亡の舞保存会」会長を務める

鈴木 公子さん

5月11日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク