箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年6月26日号 エリアトップへ

西武小田原店で7月に写真展を開くサークルDONの代表を務める 榊原 俊寿さん 湯河原町中央在住 60歳

掲載号:2015年6月26日号

  • LINE
  • hatena

動物への眼差し ぶれない

 ○…30年ほど前にカメラを始めたのは動物を撮りたい一心からだった。40年以上の歴史をもつ写真クラブの会長を受け継いで10年。今は神奈川県西写真連盟会長や二科会写真部支部長といった重責も背負っているものの、写真の話となれば、軽やかな口調が続く。「外国の風景や野鳥や海など、来る人全員が楽しめる写真が沢山並ぶので、ぜひぜひ。…自分の展示スペースは残ってるのかなぁ」。

 ○…本業はペットトリマーだが、仕事場の脇に「暗室」を完備。デジカメの時代に「フイルムにしか出せない深み」を求めて現像に没頭する。そんなメンバーは会でも稀有な存在だ。室内にぎっしりと並ぶコンテストのトロフィーやアルバム。被写体は動物が多い。雪景色の鹿に会いたくて冬の丹沢を登ったり、動物園にも何十回と通った。美しく愛らしい一瞬のために2〜3時間待ちは当たり前。「空振りも多いけど、どれも積み重ね」と達観する。

 ○…吉浜小学校の頃から常に動物が身近にいた。「最初に飼ったのが雑種の犬。可愛いくて、気づくと自分もよく犬小屋の中にいた」。鳩や十姉妹、チャボ、思い出すときりがない。高校のころは獣医志望だったが、家業が工務店だったこともあり湯河原中から西湘高、法政大の建築学科へ。卒業後は父・孝さんと二人三脚で住宅や公共施設の施工に携わった。手掛けた建物は今もあちこちに健在だ。

 ○…実家を継いだものの胸にくすぶる動物への思い。そんな頃にトリマーという職業を教えてくれたのは写真クラブの師匠だった。28歳で一念発起し、専門学校に通って独立を果たす。様々なペットを見違えるように変身させ、飼い主も笑顔に変えてきた。まさに天職だが2人の子は別の道を歩み始めている。「跡取りはいないけれど、それでいい。お客さんの子犬を大きくなるまで世話をして、きれいに引退するのが目標」。一人の職人としても、総仕上げに入ろうとしている。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

前野 和子さん

手製の布ぞうりが中米コスタリカの大使館内に展示された

前野 和子さん

真鶴町岩在住 77歳

4月19日号

DJ MIDORIさん

エフエム熱海湯河原 開局20周年イベントに出演した

DJ MIDORIさん

湯河原町在住 27歳

3月22日号

梅原 雄蔵さん

被災地ボランティアとして東北に通う

梅原 雄蔵さん

湯河原町土肥在住 71歳

3月8日号

吉田 幸恵さん

箱根温泉おかみの会会長を務める

吉田 幸恵さん

箱根町湯本在住 61歳

2月22日号

後藤和彦さん

湯河原みかんグルメ&スイーツサミットV2の「オレンジメンチ」を考案した

後藤和彦さん

湯河原町土肥在住 50歳

2月8日号

守屋 セイさん

足柄下郡3町唯一の助産院で院長を務めていた

守屋 セイさん

湯河原町門川在住 91歳

1月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク