箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年10月23日号 エリアトップへ

音楽と海岸清掃のコラボイベント「グリーンエイド真鶴」で実行委員長を務めた 山田 周佑さん 真鶴町出身 29歳

掲載号:2015年10月23日号

  • LINE
  • hatena

息はぴったり、誰とでも

 ○…「グリーンエイド」で、今年から実行委員長を担っている。今回は琴ヶ浜をバックに大型ステージを建て、例年以上の賑わいに。若者たちが総出で歌うフィナーレを、遠くから愛おしく見つめていた。昨年は台風が直撃し、雨天時の会場も確保できず、飲食店の助け舟で座敷を会場にさせてもらった。難局はいくつもあったが、様々な職種で働く仲間が知識や人脈を持ち寄って乗り切ってきた。

 ○…小さい頃からお囃子に加わり、真鶴中学校ではマーチングバンドを始めた。ホルンを吹きながら一列や円になって動くハードな活動だったが、様々な楽器のハーモニーに魅せられたという。「背が小さいから大股じゃないと歩調が合わない。大丈夫なのかと心配されましたが、やるしかないと」。苦労が実り、東日本大会出場を果たした事は今でも誇らしい思い出だ。

 ○…大学卒業後に就職したのは某大型飲食店チェーン。6つの店舗の運営を任され、携帯は24時間ひっきりなしに鳴り、帰宅するたびに意識が遠のいた。そこで学んだことは、電話で済まさないこと。どんなに忙しくても現場に足を運び、面と向かって話す事の大切さだった。「スタッフ全員の顔と名前を覚えました。若い子にどう言ったらやる気が出るか、考えました」。

 ○…6年前に家電量販店に転職し、指揮官から一人の販売スタッフに。接客は単なる家電の販売ではないという。「お客様がひとつの家電を通じて、どんな課題をどうしたいのか。それを知る事で提案の仕方も変りますね」。呼吸を合わせる人柄は、時間や場所が変わっても活きている。

 ○…「今年のグリーンエイド、新しい子が参加してくれたんですよ」。その笑顔は新弟子を迎えた親方のよう。イベントは来年、自分と同じ30歳を迎える。発足時のメンバーはシニア世代に入ったが、受け継いだ思いは少しも色あせていない。「郷土のために、できる事は何だろう――」

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

前野 和子さん

手製の布ぞうりが中米コスタリカの大使館内に展示された

前野 和子さん

真鶴町岩在住 77歳

4月19日号

DJ MIDORIさん

エフエム熱海湯河原 開局20周年イベントに出演した

DJ MIDORIさん

湯河原町在住 27歳

3月22日号

梅原 雄蔵さん

被災地ボランティアとして東北に通う

梅原 雄蔵さん

湯河原町土肥在住 71歳

3月8日号

吉田 幸恵さん

箱根温泉おかみの会会長を務める

吉田 幸恵さん

箱根町湯本在住 61歳

2月22日号

後藤和彦さん

湯河原みかんグルメ&スイーツサミットV2の「オレンジメンチ」を考案した

後藤和彦さん

湯河原町土肥在住 50歳

2月8日号

守屋 セイさん

足柄下郡3町唯一の助産院で院長を務めていた

守屋 セイさん

湯河原町門川在住 91歳

1月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク