箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年12月14日号 エリアトップへ

大阪や東京で開催の企画展「富士屋ホテルの営繕さん」で仕事が紹介された 赤木孝さん 箱根町宮ノ下勤務 37歳

掲載号:2018年12月14日号

  • LINE
  • hatena

名門ホテル 建築の守り人

 ○…国登録有形文化財を擁する富士屋ホテル。風雨に洗われた重厚な屋根、年月のしみこんだ障子や椅子、厨房の鍋の取手までありとあらゆるものを修繕・新造する職人たちを「営繕さん」と呼ぶ。そのリーダーは弱冠37歳。受け継がれたものを次の世代につなぐために、情報収集は欠かせない。時には分解してみたり、他のホテルや神社仏閣に足を運んで先人の技を吸収する。やりがいは何なのか聞くと、大きく息を吸いこんでしばし沈黙。「自分の作った看板の前で、お客様が記念写真を撮っていた時ですかね」とはにかんだ。

 ○…平塚生まれで、サーフボードを抱えながら海に通う少年だった。実家近くには田んぼが広がり、緑の中で遊ぶうちに進路は平塚農業高校の園芸科へ。卒業後に富士屋ホテルに就職し、温室管理担当となった。ある日「営繕」の親方に呼ばれた。人手不足だったのか「あれ取ってきて」「ここ押さえて」と言われた通り動くうち「これは面白いと思ってしまって」。小さい頃から手先が器用でプラモデルに没頭したり、父の工具箱をあさった事もあった。親方の出す宿題は「これを仕上げろ」「額縁を作れ」と難しさを増した。7年前に親方は引退し、営繕担当を引き継ぐことになった。苦笑いで「不安でしたが、なんとかなりました」とつぶやいた。

 ○…高校生を含む3人のお父さんである。20歳で結婚して子も生まれ、腰をすえる覚悟を決めた。可愛いわが子に「部屋の壁に服をかけたい」と言われればすぐフックを作ってしまう。休日は親子でサーフィンに出かけて元気を補給。職場ではホテルシェフのように座らず、取材中も立ったまま。再び作業台に向かい、浅黒く使い込んだカンナを手にすると笑みが消えた。齢を重ねた別人のよう。親方の顔だった。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

前野 和子さん

手製の布ぞうりが中米コスタリカの大使館内に展示された

前野 和子さん

真鶴町岩在住 77歳

4月19日号

DJ MIDORIさん

エフエム熱海湯河原 開局20周年イベントに出演した

DJ MIDORIさん

湯河原町在住 27歳

3月22日号

梅原 雄蔵さん

被災地ボランティアとして東北に通う

梅原 雄蔵さん

湯河原町土肥在住 71歳

3月8日号

吉田 幸恵さん

箱根温泉おかみの会会長を務める

吉田 幸恵さん

箱根町湯本在住 61歳

2月22日号

後藤和彦さん

湯河原みかんグルメ&スイーツサミットV2の「オレンジメンチ」を考案した

後藤和彦さん

湯河原町土肥在住 50歳

2月8日号

守屋 セイさん

足柄下郡3町唯一の助産院で院長を務めていた

守屋 セイさん

湯河原町門川在住 91歳

1月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク