多摩区版 掲載号:2017年3月24日号

市政報告

防犯カメラ設置促進を

川崎市議会議員 自民党 ひろた健一

 新年度の市の予算案を審議する定例市議会が3月17日に閉会しました。一般会計は3年連続過去最大規模の7088億円。全予算規模は1兆4444億円となりました。

 予算審査特別委員会で私が注目したのは、地域安全対策費、公園緑地施設費の防犯カメラの設置についてです。

事件の早期解決犯罪抑止の一助に

 防犯カメラは地域で事件が発生した際に、犯人逮捕や早期解決の一助となるだけでなく、犯罪の発生自体を未然に防ぐ力が期待できます。市内ではこれまで、さまざまな事件を受けて公共施設や小中学校への防犯カメラ設置の声が高まっていました。今年2月からは、一昨年に多摩川河川敷で起きた中学1年生の痛ましい事件と関連のある大師公園と伊勢町第1公園に試行的に防犯カメラが設置され、運用を開始しています。

 このほか、市は2016年度に「川崎市防犯カメラ設置補助制度」を創設しました。町内会や自治会などの防犯活動団体を支援し、繁華街や商店街を含む道路などの公共空間への防犯カメラの設置を進めています。補助制度のほかにも、民間企業の協力のもと安価な費用負担で設置できる防犯カメラ付き自動販売機などの仕組みも活用されています。

 加えて女性の一人歩きを狙った犯罪手口は、駅から一斉に降車してくる乗客からターゲットを決めて後をつけ、繁華街を抜けた人通りの少なくなる場所で犯行に及ぶといったものが多いようです。このため、繁華街や商店街の防犯カメラは重要な存在となります。

設置、運用ガイドラインの周知を

 一方で、市民生活の拠点となる公共の場所への防犯カメラの設置は、プライバシーの問題や個人情報保護の観点からも考慮が必要です。そのため、川崎市では防犯カメラの設置及び運用に関するガイドラインを昨年7月に定めています。防犯カメラの有用性とプライバシーの保護との調和を図り、効果的に活用することを目的としています。

 防犯カメラは設置後の運用が重要です。地元住民に設置への理解をいただくため周知や説明を進めていく必要があります。

 子どもや女性を犯罪から守るためにも、公園や公共施設、公道などへの設置を促進していけるよう今後も注視していきます。

稲田堤駅前周辺の防犯カメラ
稲田堤駅前周辺の防犯カメラ

ひろた健一

川崎市多摩区菅北浦2-1-17

TEL:044-200-3357

http://xn--f9jubzer12mtrc.net/

多摩区版の意見広告・議会報告最新6件

ごみ保管灰、処分開始へ

市政報告

ごみ保管灰、処分開始へ

5月19日号

災害に「3日分」の備蓄を

市政報告

災害に「3日分」の備蓄を

4月21日号

多摩川サイクリングコース延伸へ

都市間交流で「川崎力」を世界へ

安全・安心と観光魅力創造を

神奈川県議会議員 土井りゅうすけ 県政報告

安全・安心と観光魅力創造を

3月10日号

市民の足「市バス」の新規運行・路線延長

関連記事(ベータ版)

多摩区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/