多摩区版 掲載号:2011年5月20日号
  • googleplus
  • LINE

中小企業 リーマンショック以来の悪化に 4月―6月期の見通し 川崎信金の調査

 川崎信用金庫が今月13日、市内の「中小企業動向調査」の結果を発表した。今年1月─3月期の景況感を総合的に示す業況DI(業況判断指数)は東日本大震災の影響があったものの、前期比で0・2ポイント減少のマイナス27・5とほぼ横ばいで推移した。ただ、次期(4月―6月期)の業況見通しは24・0ポイント減少のマイナス51・5と予測した。リーマンショック後(09年1月―3月)のマイナス57・8に近い水準となった。

 調査は震災後の4月下旬に実施し、市内の中小企業462社から回答を得た。業況DIとは企業に対するアンケート結果から景気を判断する指標。景気が「良い」と回答した企業の割合と「悪い」と答えた企業の割合の差をポイントで示す。マイナスになれば景気が悪いと判断される。

 産業別にみると、1月―3月期は卸売業と小売業、サービス業で2桁以上の回復を示したが、次期の見通しは全産業とも大幅に悪化し、卸売業がマイナス72・7で最も悪化すると予測した。次いで不動産業がマイナス70・3だった。

復興需要に期待

 東日本大震災による市内企業への影響も特別調査を実施した。自社の経営への影響については「売上・受注の減少」が37・1%で最も多く、次いで「節電協力による営業時間の短縮」が29・8%、「納期の遅延」が27・2%と続いた。市内の企業は大震災に付随する間接的な被害を受ける結果となった。

 電力不足による計画停電や節電協力に関わる懸念事項についても回答を得た。「受注・発注の減少」が52・1%で最も多く、次いで「操業・営業時間の短縮」が40・9%、「消費者の購買意欲の低下」が29・2%と続いた。「特に懸念はない」と答えた企業は12・4%にとどまった。

 影響から脱して上向くまでの期間についても尋ね、「すでに上向いている」が19・2%、「3ヵ月未満」が5・3%、「3ヵ月以上6ヵ月未満」が14・4%、「6ヵ月以上1年未満」が26・0%だった。6割以上が1年以内に景気が上向くとしており、復興需要に伴う景気回復が期待されていると分析した。
 

12月オープン!川崎寺子屋食堂

3月25日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6件

菅中、女子頂点に

多摩・麻生中1バスケ

菅中、女子頂点に

3月16日号

スポーツ体験 3千人超

大会で親睦深めて

多摩防犯協会

大会で親睦深めて

3月16日号

復興の祈り、キャンドルに

多摩LCが30周年

フランス風景画、来日

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク