多摩区版 掲載号:2011年6月3日号
  • googleplus
  • LINE

保育所整備の民有地求む 13日には川崎市総合福祉センター(エポックなかはら)で説明会

民有地を活用して保育園を整備する(写真はイメージです)
民有地を活用して保育園を整備する(写真はイメージです)

 川崎市が今月14日(火)から認可保育園に活用できる民有地を募集する。待機児童解消策の一環。13日(月)には、土地活用に関心を持つ人を対象にした説明会を開催し、検討を呼びかける。

待機児童解消策の一環

 『第2期川崎市保育基本計画(かわさき保育プラン)』によると、同市は今後3年間で4000人を超える認可保育所の定員枠の拡大を図り、待機児童の解消に努めるとしている。民有地の公募による保育所整備もそうした一環。ほかにも、鉄道事業者が所有する土地を活用して整備を進める。

 公募で選定し、保育所を整備する取り組みは、横浜市や町田市など近隣自治体でも行われ、それぞれ実績を挙げている。

 川崎市では今年度、4カ所の整備予定地を募集する。応募にあたり、市が条件に挙げているのは▽市街化区域▽概ね500平方メートル以上の土地で60人以上の保育所が整備できること▽近隣に保育所整備の了解が得られる▽2013(平成25)年4月1日に保育園の開所ができること▽市民税、固定資産税など市税を滞納していないこと―など。審査を通過すると、土地所有者は保育園運営を希望する社会福祉法人を選び、選定された法人と20年以上の賃貸借契約を結ぶ。

 市では「採算の合わない駐車場や古くて空き室の多いアパートを所有されている方で土地活用に関心のある方に、ぜひ検討していただきたい」と、呼びかけている。

 募集期間は今月14日(火)から8月12日(金)まで。9月に予定地の選定を行う。募集に先がけ、今月13日(月)、中原区にある川崎市総合福祉センター(エポックなかはら)第1会議室で参加自由の説明会を開催。午前10時から11時30分。

 公募の申し込み、詳細については、川崎市市民・こども局こども本部保育所整備推進室(【電話】044・200・3414)へ。
 

12月オープン!川崎寺子屋食堂

3月25日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6件

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク