多摩区版 掲載号:2011年6月10日号
  • googleplus
  • LINE

被災地支援で髪カット 区内の美容師らがボランティア

カラーやカットを施すメンバー
カラーやカットを施すメンバー

 川崎市や相模原市、横浜市などの美容師のボランティアグループ「PRIC」のメンバー17人が先月30日、東日本大震災で被災した岩手県大船渡市を訪れて被災者の髪をカットするボランティア活動を行った。多摩区内からは美容室フォルトゥーナのスタッフ4人が参加した。

 「カットしている時は身内を亡くした話を聞くこともあった。明るく振舞っている人もみんな悲しい体験をしている」。そう話すのは同長沢店の店長、柴真樹さん(37)。

 メンバーらは30日の朝、現地に入って4ヵ所の避難所を訪問し、被災者のヘアカットやカラーを施したという。

 宮坂光治さん(32)は「カラーをしている人は元気を取り戻し、髪に気をかけるまで余裕が出てきた様子。長期間ボランティアで活動している人たちを支援することも今は必要」と話す。ボランティアで訪れている外国人の髪もカットしたという。

 今春、美容学校を卒業したばかりという薮田佳樹さん(21)は「被災者の笑顔を見ることができた。自分に出来ることをもっと増やして、次はもっとやっていきたい」と話していた。

 PRICのメンバーはこれまでにも3回、被災地を訪れている。同業者を支援しようと、ハサミやクシなどを被災した美容師や理容師に提供した。今回も道具を集めて現地の同業者に提供したという。

 メンバーらは「人に喜んでもらえる仕事と改めて実感した」「これからも活動を続けていきたい」などと話していた。
 

現地を訪問した宮坂さん(左)と薮田さん(右)
現地を訪問した宮坂さん(左)と薮田さん(右)

12月オープン!川崎寺子屋食堂

3月25日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6件

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク