多摩区版 掲載号:2011年10月28日号
  • googleplus
  • LINE

活躍続くロボコン部 中野島中学校

文化

ゴルフボールを拾うのもお手のもの
ゴルフボールを拾うのもお手のもの

 中野島中学校には生徒たちが自作のロボット作りに励む「ロボコン部」がある。顧問の小林久直教諭によると「大会出場校数からすると、市内に10校もないはず」という中学校では珍しい部活だ。

 同部は科学技術工作部として平成11年にスタート。これまでに各種のロボットコンテストで全国出場を果たし、平成21年には全国大会で優勝するほどの実績がある。

 モーターやタイヤなどを金具で組み合わせた自作のロボットを操り、特定の仕事(ボールを拾って整列させるなど)の速さと正確さを競う。勝つには細かい部分の工夫が必要だ。

 ピンポン球とゴルフボールを区別して並べるロボットでは「ある程度の硬さを持たせたアクリルの板を通過させ、重いゴルフボールは下へ、軽いピンポン球は上に行くようにした」と生徒のひとりは説明する。

 22日に行われた「全国中学生創造ものづくり教育フェア」でも優秀な成績を収め、12月4日に行われる関東大会への出場権を得た。

 小林教諭は「小学生の頃、プラモデルに熱中した子も多い。ロボットコンテストなら大きく評価されるチャンスにもなる」と話した。
 

12月オープン!川崎寺子屋食堂

3月25日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6件

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク