多摩区版 掲載号:2012年3月30日号
  • googleplus
  • LINE

西生田のマンション問題 差し止め求め 仮処分申請 近隣の女性「日照権侵害」

建設予定地には反対する幟や看板が立てられている
建設予定地には反対する幟や看板が立てられている

 「日照権が侵害される恐れがある」などとして、西生田1丁目に住む70代の女性2人が、マンション建設の計画を進める建築主を相手取り、横浜地方裁判所川崎支部に建設差し止めの仮処分を申し立てた。22日、女性2人と代理人の弁護士が市役所で記者会見を開いた。

 問題となっているのは、東京都練馬区の建設会社が西生田1丁目に建設を計画しているマンション。建築基準法や都市計画法などの制度には合致している。

2センチで規制逃れ

 申立書などによると、マンションは地上3階地下1階建て、高さ9・98メートル、敷地面積約1335平方メートル。建設地の大半が都市計画法上の近隣商業地域にあたり、申し立てた女性2人の自宅は第1種低層住居専用地域にあたる。

 女性や代理人らが問題視しているのが、規制を逃れるための高さ。建設地は制度上、10メートルを超える高さのマンションを建てることが出来るが、斜線制限がかかるため、建物の上部を切り取るような構造としなけばならない。女性や代理人は「規制を逃れるため2センチ下回る計画にした」と指摘。そのため、女性2人の自宅南側に高さ約10メートル、幅60メートルの建物が位置することになる。

 記者会見で女性は「うちの家族は未来永劫、日が当たらなくなる」「まさかこんな計画通りに進めるとは思わなかった」などと訴えた。代理人の日置雅晴弁護士は「2センチ低くしただけで守られるべき範囲を大きく超えている。こうしたケースは時々あるが、こんなに被害が及ぶケースは少ない。日照権の侵害は民法上、違法だ」と話した。

 申立書では「川や水路に囲まれた当該地はゲリラ豪雨の際、地下住宅が水没する危険がある」とも指摘している。

 この計画を巡っては、市民団体が請願を提出し、川崎市議会まちづくり委員会で取り上げられた経緯もある。各会派や市側が問題視する動きもあったが、計画の変更はなかった。
 

多摩区版のローカルニュース最新6件

今季初戦はセレッソに黒星

川崎フロンターレ

今季初戦はセレッソに黒星

2月16日号

梅咲き誇る園内に招待

よみうりランド

梅咲き誇る園内に招待

2月16日号

南極と菅小 映像つなぐ

中野島小から2人受賞

かながわ夢絵コンテスト

中野島小から2人受賞

2月16日号

110人にバドミントン指導

失敗恐れず挑戦を

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク