多摩区版 掲載号:2012年4月6日号
  • googleplus
  • LINE

ラジオ作りに挑戦 菅町会の子ども

半田ごてを使って配線に挑戦する子どもたち
半田ごてを使って配線に挑戦する子どもたち

 菅町会の子どもたちが3月31日、菅会館で鉱石ラジオ作りに挑戦した。

 指導にあたったのは電気・通信の技術者らで結成する「多摩科学クラブ(古谷睦男代表)」。子どもたちに科学への興味を持ってもらおうと、区内の小学校を中心に活動している。

 この日は小中学生の16人が参加した。子どもたちはメンバーの説明を聞きながら熱心にラジオ作りに挑戦した。参加した谷真理絵ちゃんは「半田ごては始めて。『うまいね』っていわれた」と笑顔を見せた。

 菅町会の桑原正副会長は「鉱石ラジオは我々の世代には懐かしい。子どもたちに楽しんでもらえたようだ。科学教育にも役立つ」と話した。「活動を通じて理科好きな子が増えてもらえれば」と古谷代表。
 

多摩区版のローカルニュース最新6件

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク