多摩区版 掲載号:2012年8月31日号
  • googleplus
  • LINE

企画展 太郎と宮本常一が見た日本 「日本人とは何かを感じて」

写真や立体など多くの作品が並ぶ
写真や立体など多くの作品が並ぶ

 川崎市岡本太郎美術館で企画展「記憶の島―岡本太郎と宮本常一が撮った日本」が開催されている。岡本太郎さんと民俗学者の宮本常一さんが撮影した日本各地の写真を並べることで見えてくるそれぞれの写真の違いと共通点を見ながら、近代化で失われたものを再発見するのがねらい。

 岡本さんの作品は雑誌「芸術新潮」連載のために日本各地を取材し、撮影した写真約100点。宮本さんの作品は戦前から日本をくまなく回って撮影した写真など約100点。2人が撮影した写真を中心に、2人が関心を持っていたというオシラサマや縄文土器なども展示している。来場した人は大きな藁の人形やなまはげのお面を興味深そうに眺めていた。 

 学芸員の仲野泰生さんは「忘れられた日本の景色や人々の生活を見ることができる。失われたものを現代に伝えている。3・11以降日本を見つめ直す機会が多くなってきた。日本人とは何かを再認識させてくれる」と話している。

 10月8日(祝)まで。関連イベントとして9月9日(日)、午後1時30分から担当学芸員による展示解説会もある。場所は企画展示室。費用は無料(別途観覧料必要)。希望者は直接会場へ。
 

多摩区版のローカルニュース最新6件

今季初戦はセレッソに黒星

川崎フロンターレ

今季初戦はセレッソに黒星

2月16日号

梅咲き誇る園内に招待

よみうりランド

梅咲き誇る園内に招待

2月16日号

南極と菅小 映像つなぐ

中野島小から2人受賞

かながわ夢絵コンテスト

中野島小から2人受賞

2月16日号

110人にバドミントン指導

失敗恐れず挑戦を

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク