多摩区版 掲載号:2012年11月23日号
  • googleplus
  • LINE

特養で消防訓練 地元自治会も参加

利用者が安全に避難できる方法を確かめる施設の職員
利用者が安全に避難できる方法を確かめる施設の職員

 多摩消防署(石井敏幸署長)は14日、特別養護老人ホーム長沢壮寿の里で消防訓練を行った。近隣の自治会関係者も参加し、避難体制を確認しあった。

 訓練は、夜間に施設の厨房から出火し、延焼が拡大して要救助者が多数発生したという想定。同署の消防士や施設の職員のほか、施設と防災相互援助に関する覚書を交わしている長沢自治会、一の丸自治会、菅生ヶ丘自治会のメンバーら計43人が参加した。

 職員は通報から消火栓放水の訓練に取り組み、利用者を安全に誘導する方法を確認しあった。消防署の部隊は救出・救助や放水訓練に取り組んだ。

 多摩消防署では「高齢者福祉施設は、被害が大きくなるおそれがあり、周辺町内会・自治会との協力体制が重要」としている。
 

多摩区版のローカルニュース最新6件

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク