多摩区版 掲載号:2013年8月30日号
  • googleplus
  • LINE

字数こだわらず自由が魅力 しんゆり五行歌会

文化

8月21日の歌会に集まったメンバー(後ろ中央が太田代表)。各作品について意見を出しながら、わきあいあいと楽しんだ
8月21日の歌会に集まったメンバー(後ろ中央が太田代表)。各作品について意見を出しながら、わきあいあいと楽しんだ

青い海の

水平線から

湧き上がる雲は

真っ白なバラのように

輝いている

中川宣義さん作

 「しんゆり五行歌会」のメンバーが毎月集まっては歌会を楽しんでいる。

 五行歌とは、短歌や俳句とは異なり、字数や音数にまったくこだわらずに5行でつくる詩。大半が5句で構成されていた古代歌謡に習い5行にするという。

 同会の前身「新百合ヶ丘さつき五行歌会」が発足したのは08年6月。翌年10月に名称を「しんゆり五行歌会」に改めた。多摩区で鍼灸院を営む太田陽太郎さんが代表を務め、現在のメンバーは50代〜70代の10人。毎月第3水曜日に麻生市民館や市民交流会館やまゆりで歌会を開いている。

 8月21日に開かれた歌会には9人が参加。それぞれのメンバーが1つの作品を発表し、気に入った作品に得点をつけて人気順を決めた。この日は夏の暑さを歌う作品が目立った。

 相模原市在住で五行歌歴12年という高岡蘭さんは「子どもの頃から文学好きで、いい楽しみを見つけた。哲学や心理学が好きで心について歌うのが好き。自由な発想でできるところが一番の魅力」と話していた。

 麻生区在住の中川宣義さんは「普段の生活の中で色々な状況を詩にするようになった。散歩もただ歩くだけでなく、歌う楽しみがある。みんなで集まって色々な意見や考えがあることがわかって楽しい」という。

 太田代表は「詩にするとなんでも打ち出せたり、似たような体験を共感できたりするのが五行歌の魅力。興味がある人は一度参加してほしい」と話している。

 会費は月額1000円。入会金は無料。問い合わせは太田代表(陽気堂【電話】044・933・7183)へ。
 

12月オープン!川崎寺子屋食堂

4月8日(日)新年度・生徒向け最終説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6件

アルテリッカ多摩区公演

柳家三三と春風亭一之輔、人気落語家の競演が多摩区で実現

http://www.artericca-shinyuri.com/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク