神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
多摩区版 公開:2013年11月15日 エリアトップへ

狂言師として様々なスタイルの舞台を展開し、普及に取り組んでいる 大藏 教義さん 中野島在住 31歳

公開:2013年11月15日

  • LINE
  • hatena

伝統を守るために攻める

 ○…「狂言はコント。自由に解釈し、好きなタイミングで笑ってもらいたい」。中野島で狂言教室を主宰し、中野島稲荷神社で先月開かれた例大祭でも舞台を披露した。海外でも公演をこなし、最近では文化庁の要請で学校で披露することも多い。「狂言が成立した当時の言葉で演じるが、しぐさや節回しの楽しさに子どもは素直に反応してくれる。狂言が700年続いたのは楽しいから」

 ○…家系は代々、狂言師を受け継いできた。初めて舞台に立ったのは4歳の時。厳しい父親の稽古が嫌で嫌で仕方がなかったという。小学生の頃は「家にできるだけ帰りたくない」と思っていた。ただ、高校生になって一変。「狂言が珍しがられて同級生から芸能人扱い。環境が変わり、自然と狂言へ導かれていった」。大学では狂言サークルを立ち上げて、ほかの学生に教えるようになっていった。「それまで嫌だった狂言が誇りになっていった」

 ○…大勢の人の前でありのままの自分でいられる楽しさがあるという。妬みや嫉妬、見栄を張りたくなる気持ちなど普段はなかなか表に出せない感情も舞台の上では表現できる。仕事も趣味も狂言。「趣味やスポーツのように感情を発散できるよさがある。狂言は演技である以上に表現が大切」という。4歳の娘にも文化に親しんでもらうために教えている。

 ○…このままでは伝統芸能の世界が廃れていく危機感がある。「週末に映画を見に行くように娯楽の選択肢に狂言は入っていない」。狂言は大道具も照明も音響も必要なく、軽いフットワークが強みだ。料亭に出向いて「お座敷狂言」を展開するほか、若い人にも楽しんでもらえるように道具や見方の説明だけに徹した「狂言LABO」も開く。東日本大震災以降は被災地支援のチャリティー公演も行っている。「狂言が身近なものだと感じてほしい。伝統を守っていくためにも、もっと攻めていかないと」

サマーセール開催中!

店内「宝飾品」「腕時計・目覚まし時計」20%オフ!

044-833-1573

<PR>

多摩区・麻生区版の人物風土記最新6

中村 茂さん

6月27日に川崎市文化財団の理事長に着任した

中村 茂さん

中原区在住 60歳

7月12日

秋場 史康さん

百合丘中央商店会の会長に就任した

秋場 史康さん

麻生区百合丘在勤 52歳

7月5日

柳田 光綺(みずき)さん

女子バレーボール「NECレッドロケッツ川崎」で勇退後、コーチに就任した

柳田 光綺(みずき)さん

中原区在住 28歳

6月28日

菊田 哲治さん

今春から川崎国際生田緑地ゴルフ場の支配人を務める

菊田 哲治さん

多摩区枡形在勤 46歳

6月21日

藤林 千咲子さん

生田緑地を運営する共同事業体の統括責任者に今春着任した

藤林 千咲子さん

多摩区枡形在勤 46歳

6月14日

小林 昌幸さん

4月から早野聖地公園里山ボランティアの会長を務める

小林 昌幸さん

麻生区虹ヶ丘在住 83歳

6月7日

永代供養・合祀墓は4万円から

納骨にお困りの方「眞宗寺」の永代供養墓は後々の費用なし、生前申込・改葬代行

044-965-0965

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月28日0:00更新

  • 6月21日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

多摩区・麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook