多摩区版 掲載号:2014年4月18日号 エリアトップへ

準西國稲毛観音霊場 12年に1度のご開帳 市内を中心に36寺院

掲載号:2014年4月18日号

  • LINE
  • hatena

 260年の歴史がある「準西國稲毛三十三所観音霊場」の12年に1度のご開帳が今月12日から始まった。30日まで。

 このご開帳は、午(うま)の歳に行われ、旧稲毛郡(中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区・東京都稲城市にかかる地域)の計36寺院の観音像を参拝できる。

 始まりは1754年。武州橘樹郡稲毛領(現在の宮前区周辺)に住んでいた山田平七の発願で、痰咳の病を神仏の力で治してもらおうと熊野を参詣し、「西国三十三カ所の巡拝から無事に帰国できたら三十三体の観音様を建立します」と誓ったという。しかし、体を壊すなどしてその実現は難しく、それならば「地元に33体の観音像を導いてほしい」と熊野権現に祈願し、札所となってくれる寺を自ら巡ったことから、稲毛三十三所観音霊場が誕生したという。

 山田平七が檀家であったことから、現在窓口となっている東泉寺(上形卓道住職)は「260年余の長い歴史を持つ準西国稲毛三十三所観音霊場のご開帳です。市内外問わず、この機会に多くの方に訪れて頂ければ」と参詣を呼びかけている。

 各札所のご開帳は各日午前9時から午後5時まで。

詳しい問い合わせは東泉寺(【電話】044・866・2532)。

多摩区版のローカルニュース最新6

南無阿弥陀仏貴重な三尊塔

第4回川崎市地域文化財を紐解く【1】

南無阿弥陀仏貴重な三尊塔 文化

光明院・六字名号塔群

12月3日号

高校生 成果発表へ

ワカモノ未来PROJECT

高校生 成果発表へ 教育

14人がアイデア実践

12月3日号

川崎との歩み語る

日本地名研究所

川崎との歩み語る 文化

文化賞受け、12日に講演会

12月3日号

ソロ演技で全国3連覇

枡形一輪車岩佐そよさん

ソロ演技で全国3連覇 スポーツ

中学生の部、惹きつけ制す

12月3日号

登戸河川敷に「一日パーク」

市・小田急

登戸河川敷に「一日パーク」 文化

スケボーなど100人体験

12月3日号

3D板紙コマを工作

川崎北少年少女発明クラブ

3D板紙コマを工作 教育

12月11日 ワークショップ

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook