多摩区版 掲載号:2014年4月25日号 エリアトップへ

川崎市 低公害車買い替えを助成 大気環境の改善図る

掲載号:2014年4月25日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は環境対策として、市内の法人事業者を対象に5月1日から、トラックやバスの低公害車への買い替え助成を開始する。環境性能の高い車両への早期買い替えを促し、特に産業道路沿道の大気環境を改善することが狙いだ。

 市内に事業所を構える法人事業者、車両の本拠がある事業者を対象に新たに施行されるのは「低公害車代替事業助成制度」。市内の大気環境改善を図るため、トラック・バスの平均使用年数13年よりも短い使用年数での買い替えに対して助成し、早期買い替えを促す。

 対象となる自動車は、初度登録が2001年4月から2005年8月までのトラック・バスで九都県市指定低公害車(窒素酸化物などの排出量が少ない低公害な自動車)かつ低排出ガス認定車。 

 1事業所の上限は5台。1台あたりの助成金額は、最大積載量4t未満のトラックが15万円、4t以上のトラックが30万円、小型乗合(30人未満)のバスが15万円、普通乗合(30人以上)のバスが30万円。期間は12月19日まで。期間内でも予算額に達した場合は受付を終了する。市によると、25台分の予算を計上している。

 ハイブリッド・天然ガス自動車については別途、低公害車(ハイブリッド・天然ガス自動車)導入事業に対する助成として、4月1日から募集を行っている。

環境基準は初のクリア

 川崎市は15日、13年度に測定した二酸化窒素濃度の数値(速報値)が、初めて市内の全18測定局で国の環境基準を達成したと発表した。

 担当課である市環境局環境対策部交通環境対策課は「対象車に買い替えると窒素酸化物などの排出量が7分の1になる見込み。環境基準クリアを継続して達成するためにも、買い替えを促進し、1台1台からの排出量を減らしていきたい。市内の事業者に助成を積極的に活用していただきたい」としている。

 手続き・問合せは同課(【URL】http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/29-1-8-3-0-0-0-0-

0-0.html/【電話】044・200・2529)。

多摩区版のトップニュース最新6

60年の趣(おもむき)、一区切り

ことぶきや模型店

60年の趣(おもむき)、一区切り 経済

区画整理で移転 変わる街

10月22日号

不登校が800人超

2020年度市立小学校

不登校が800人超 教育

5年連続で過去最多

10月22日号

紙人形劇で情報発信

生田緑地

紙人形劇で情報発信 社会

手作り動画、職員が声出演

10月15日号

謎解き、生田・長沢で

多摩区主催

謎解き、生田・長沢で 文化

「令和」 揮毫(きごう) 茂住さんの題字 目印に

10月15日号

住宅地 上昇傾向戻る

多摩区基準地価

住宅地 上昇傾向戻る 社会

5地点は下落、広がる地域差

10月8日号

1,200人に職域接種

多摩区食品衛生協会

1,200人に職域接種 社会

コロナワクチン 柏屋が会場

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook