多摩区版 掲載号:2015年2月20日号 エリアトップへ

ごみ処理発電を収集車へ 市とJFEエンジが検討

社会

掲載号:2015年2月20日号

  • LINE
  • hatena

 ごみ焼却施設で発電した電力を電気自動車のごみ収集車に活用――。こんなシステムを構築しようと、川崎市内で実証実験に取り組む検討が始まった。川崎市とJFEエンジニアリング(東京都千代田区)が今月10日、検討に関する覚書を締結した。

 実証実験は、廃棄物発電を活用したエネルギー循環型システムをつくるのが狙い。ごみ焼却施設で充電でき、複数の電池を交換しながら使用することで効率的に車両を走行させることができる。走行中の音が静かになるメリットもある。また災害時には電池を災害対策拠点の非常用電源としても活用することができる。

 プロジェクトの総括と設備はJFEエンジニアリングが担当。車両は日産自動車の100%電気トラックをベースに使用し、極東開発工業が車両の架装を手掛ける。川崎市は実験の場を提供する。

 こうした取り組みは日本初。実証実験は2015年度中の実施をめざすとしている。

多摩区版のローカルニュース最新6

書や絵画、一堂に

多摩区子連

書や絵画、一堂に 教育

きょうから作品展

1月21日号

慈善寄席に人気落語家

慈善寄席に人気落語家 社会

川崎いのちの電話

1月21日号

区役所で防災体験

区役所で防災体験 社会

31日

1月21日号

病と向き合った証、たどる

病と向き合った証、たどる 文化

民家園企画展 戦後の「接種証明書」も

1月21日号

4カ月連続で減少

川崎市人口

4カ月連続で減少 社会

コロナ禍、転出増が一因

1月21日号

新成人は入館無料

カワスイ

新成人は入館無料 文化

県民限定 31日まで

1月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook