多摩区版 掲載号:2015年2月20日号 エリアトップへ

ごみ処理発電を収集車へ 市とJFEエンジが検討

社会

掲載号:2015年2月20日号

  • LINE
  • hatena

 ごみ焼却施設で発電した電力を電気自動車のごみ収集車に活用――。こんなシステムを構築しようと、川崎市内で実証実験に取り組む検討が始まった。川崎市とJFEエンジニアリング(東京都千代田区)が今月10日、検討に関する覚書を締結した。

 実証実験は、廃棄物発電を活用したエネルギー循環型システムをつくるのが狙い。ごみ焼却施設で充電でき、複数の電池を交換しながら使用することで効率的に車両を走行させることができる。走行中の音が静かになるメリットもある。また災害時には電池を災害対策拠点の非常用電源としても活用することができる。

 プロジェクトの総括と設備はJFEエンジニアリングが担当。車両は日産自動車の100%電気トラックをベースに使用し、極東開発工業が車両の架装を手掛ける。川崎市は実験の場を提供する。

 こうした取り組みは日本初。実証実験は2015年度中の実施をめざすとしている。

多摩区版のローカルニュース最新6

オケや合唱バレエ集う

市民芸術祭・舞台

オケや合唱バレエ集う 文化

2月21日号

母の「看取り」演じる

母の「看取り」演じる 文化

俳優・水島涼太さん 市内で初公演

2月21日号

ネット申告をPR

ネット申告をPR 経済

ボクサーが西税務署に

2月21日号

「安心した」が率直な気持ち

小金沢昇司さん 特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

2月21日号

「はなもす」今年も

区観光協会

「はなもす」今年も 文化

巻頭特集でオリパラ

2月21日号

4カ国、多摩区で交流

清掃体験と農家めし

4カ国、多摩区で交流 社会

2月21日号

要支援以上は7768人

多摩区高齢者人口

要支援以上は7768人 社会

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク