多摩区版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

川崎市 建替え促進へ細則制定 旧基準マンション耐震化策

社会

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は12日、高経年マンションの耐震化促進を図るため、関連の細則を制定し、一部を改正する案を発表した。住民の5分の4以上の賛成でマンション敷地を売却できるようになり、市長の許可で容積率を緩和できる特例が盛り込まれた。この制度改正で耐震化は円滑に進むのか、市は市民からの意見を受け付けている。

市長許可で容積率緩和も

 昨年12月に施行された国の改正マンション建て替え円滑化法を受けて、川崎市が細則を定めた。「市マンションの建替え等の円滑化に関する法律施行細則」を制定し、「市建築物の耐震改修の促進に関する法律施行細則」を一部改正した。

 対象は1981年以前の旧耐震基準で建てられたマンションで耐震不足と認定されたもの。市建築管理課によると、川崎市内に存在する旧耐震基準で建てられたマンションや共同住宅は推計で1万9600戸あるという。

 今回の改正は建て替え促進を図るのが狙い。そのポイントの1つが、マンション敷地売却制度の創設。耐震性不足の認定を受けたマンションについて、区分所有者の5分の4以上の賛成でマンションやその敷地の売却を行う旨を決議できるようになる。従来は原則全員の同意が必要で、多数決での売却はできなかった。

 もう1つのポイントが、容積率の緩和特例。新たに建築されるマンションで、一定の敷地面積を有し、市街地環境の整備・改善に資するケースは、特定行政庁(都道府県知事および人口25万人以上の市の市長)の許可によって容積率制限が緩和される。

 ただ、国の制度改正を巡っては問題点を指摘する声もあがった。▽住民の高齢化で建て替えるための資金を調達できない▽反対する住民の住居確保と合意形成が難しい▽容積率緩和によって高層化マンションが乱立――といった課題も浮かび上がる。

 川崎市は現在、市民からの意見を受け付けるパブリックコメント実施している。改正の概要は川崎市のホームページや各区役所の市政資料コーナーなどで閲覧できる。意見の提出は郵送か持参、ファクシミリ、電子メールで3月13日まで受け付ける。

 問い合わせは、まちづくり局建築企画担当(【電話】044・200・3018)。

多摩区版のトップニュース最新6

南北ヒーロー 頂上決戦

南北ヒーロー 頂上決戦 社会

「イクター」川崎区に挑む

2月28日号

市民227人が英国支援

東京五輪ボランティア

市民227人が英国支援 スポーツ

キャンプ地・等々力で始動

2月28日号

11校に昇降器具設置へ

多摩区予算案

11校に昇降器具設置へ 政治

資器材・全市2千万円

2月21日号

「まち協」12年 活動終結へ

「まち協」12年 活動終結へ 社会

課題解決・中間支援に貢献

2月21日号

特別教室 ウェブ予約に

中野島小

特別教室 ウェブ予約に 教育

市、施設活用へ試験導入

2月14日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

台風被害 共有し議論

区自主防災連絡協議会

台風被害 共有し議論 社会

初の研修会、100人超

2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク