多摩区版 掲載号:2015年3月13日号 エリアトップへ

市教委 ダイヤルSOS開設 事件の教訓どう生かすか

社会

掲載号:2015年3月13日号

  • LINE
  • hatena

気付いたら誰でも相談

 市内の中学1年生が殺害された事件を受け、川崎市教育委員会は9日、市内の小中高生に関するトラブルを電話で通報、相談できる「ダイヤルSOS」を開設した。今回の事件では、子どもを取り巻く異変やそのサインに周囲の大人が適切に対応できなかったことが課題の一つとされている。事件の教訓はどう生かされるのか――。

 市教委はこれまでも「教育相談室」や「電話相談ホットライン」などの複数の電話相談窓口を開設していた。それでも今回の事件は防げなかった。

 今回開設した「ダイヤルSOS」は既存の相談窓口の名称を改め、小中学生本人や保護者だけに限らず、いじめや暴力行為、人間関係の異変に気付いた人なら誰でも電話できるように間口を広げた。「近所で暴行を受けた子どもを見かけた」「友達がいじめられている」といった緊急性の高い内容を迅速に把握することが目的という。

 市教委の担当者は「警察や消防に相談するレベルではないけれど、誰かに伝えたほうがよさそうと子どもが感じているケースがある。そういった声を届けてほしい」と話す。

 相談者が安心して相談できるよう匿名性にも配慮し、内容によっては学校や警察、児童相談所などと連携して対応するとしている。

 ただ、開設されるのは、平日の午前9時30分から午後5時まで。暴行の通報があってもすぐに警察に通報することはないという。緊急性が高いと判断する基準や具体的な連携体制は今後検討するとしており、運用上の課題が残る。具体的な情報管理についても今後、検証委員会で議論して検討していくという。

 市立中学校のある女性教諭は「(これまでの)電話相談の番号を知っている生徒は少ない」と実情を指摘する。「相談窓口は必要だが、普段からの生徒との信頼関係づくりが大切。悩みや気になることを打ち明けられる大人が近くにいられるような環境づくりに取り組めれば」と話していた。

 市教委は「外部機関と連携するかはケースバイケースで対応する。緊急性の高い情報をいち早くキャッチし、各機関との連携を深めていく」としている。今後、全市立学校に「ダイヤルSOS」の案内チラシを配布し周知を図るという。

 「ダイヤルSOS」の受付時間は平日午前9時30分から午後5時まで。電話番号は044・200・3288。このほか、24時間電話相談(いじめ相談ダイヤル/【電話】044・522・3293)もある。
 

多摩区版のトップニュース最新6

宿河原で上昇率 県4位

公示地価住宅地

宿河原で上昇率 県4位 経済

区画整理・遊園計画が影響

4月3日号

読み聞かせ、動画で

りぷりんとかわさき

読み聞かせ、動画で 教育

ウェブ通じ「世代間交流」

4月3日号

レジ袋削減 3.7万枚に

商店会エコポイント

レジ袋削減 3.7万枚に 社会

「まち協」終了も、継続へ

3月27日号

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 経済

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

静かに祈り、支え

震災9年

静かに祈り、支え 社会

多摩区で続く「3.11」

3月20日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 文化

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク