多摩区版 掲載号:2015年7月10日号 エリアトップへ

手足口病 市が流行警報を発令 例年より早いピーク

社会

掲載号:2015年7月10日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は7月1日、手足口病の流行発生警報を発令した。

 市によると、市内に33施設ある小児科医療機関の定点あたりの患者数が第26週(6月22日から28日まで)で6・18人となり、流行の基準となっている1定点あたりの平均患者数5人を超えた。

 手足口病は、3日から5日間の潜伏期間をおいて手足と口の中に水膨れができる感染症。例年ピークは7月中旬になることが多い。今年は西日本を中心に流行が早くきており、市も5月頃から注意を呼びかけていた。

 患者のおよそ9割は6歳以下の乳幼児で、ほとんどの場合は軽症で特別な治療は必要ないが、まれに髄膜炎などの合併症で重症化してしまう場合もある。

 感染経路は、患者の咳やくしゃみでの飛沫感染や手を介しての接触感染の場合が多い。感染予防としては、手洗いやうがいなどが有効だが、タオルなどの共用には注意が必要だという。

 健康福祉局では「接触感染や糞口感染を予防するためにも流水と石鹸で手洗いを行い、感染拡大防止に努めてほしい」と話している。

多摩区版のローカルニュース最新6

ピクニックラリー再び

ピクニックラリー再び 経済

区観光協会、5月29日に

3月5日号

多摩区は累計982人

多摩区は累計982人 社会

コロナ陽性

3月5日号

江戸から平成継いだ「石橋」

第3回 川崎市地域文化財を紐解く【4】

江戸から平成継いだ「石橋」 文化

旧小泉橋の桁と親柱

3月5日号

税身近に 絵はがき177点

税身近に 絵はがき177点 教育

中野島小4人が入賞

3月5日号

渋沢栄一といちご狩り

GoTo

渋沢栄一といちご狩り 社会

「バスツアー」抽選プレゼント

3月5日号

多摩SDC事業を報告

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク