多摩区版 掲載号:2016年6月24日号 エリアトップへ

編み物通し飯舘村と交流 自民党川崎市議団

政治

掲載号:2016年6月24日号

  • LINE
  • hatena

 東日本大震災で全村避難となり、相馬市大野台第6仮設で暮らす福島県飯舘村の村民グループが20日、市役所第2庁舎を訪れ、自民党川崎市議団(松原成文団長)と交流した=写真。

 4年前、一般社団法人「あむえこねっと」代表で吉沢章子市議の妹、笹久保孝子さんが、この仮設住宅を訪れたのが縁の始まり。麻生区で編み物教室を営む笹久保さんが「仕事の機会を提供したい」との思いで、手編みのエコたわしやルームシューズの製作を50〜80代のメンバーに指導。製品を川崎市内のイベント等で販売し、売上の一定額を製作費として村民に支払ってきた。少しでも販路を広げようと、市議団有志も活動を後押ししている。第6仮設の前自治会長、佐藤襄二さん(79)は「最初は知らない人が多かったが、つながりができてよかった」と話した。
 

多摩区版のローカルニュース最新6

市へ台風支援寄付112万円

バスケB1・川崎BT

市へ台風支援寄付112万円 スポーツ

4月3日号

まち協、12年を総括

まち協、12年を総括 社会

「あゆみ」区長に報告

4月3日号

逆境の中新植物園

よみうりランド

逆境の中新植物園 文化

5日まで休園

4月3日号

「ロマンスカー作ろう」

「ロマンスカー作ろう」 文化

小学生応援、小田急が企画

4月3日号

「憲章」普及へコラボ

「憲章」普及へコラボ 社会

神奈川県と横浜ビール

3月27日号

男性の育休ガイド発行

男性の育休ガイド発行 社会

県が推進

3月27日号

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク