多摩区版 掲載号:2016年6月24日号 エリアトップへ

NPOほか主催 子ども守る防災教育を 被災教訓に、横浜で講演会

教育

掲載号:2016年6月24日号

  • LINE
  • hatena
「もしも」は日常の中にある――との思いで講演会を企画
「もしも」は日常の中にある――との思いで講演会を企画

 5年前の東日本大震災で99・7%の児童の命を守った岩手県釜石市。これは決して「奇跡」ではなく、日々の防災教育が実行できた結果である――。

 東日本大震災の被災体験から学ぶ「防災教育」についての講演会が7月9日(土)、ワークピア横浜(横浜市中区)で行われる。主催はNPO法人日本防災環境、神奈川県防災消防協同組合。後援は県教育委員会ほか。

 東日本大震災で当時小学生だった次女を学校で亡くした佐藤敏郎さんが、自身も元教諭であった立場から「石巻市被災体験から命を守る防災教育」、日本ユネスコ国内委員会の及川幸彦さんが「気仙沼市の施した防災教育ESD」について、それぞれ講演する。

 主催者は「大切な子どもたちの命を守るために、学校などの教育関係者はもちろん、父母、孫を預かる祖父母らも広く参加してもらえれば」と呼びかける。

 時間は午後1時30分から4時まで。入場無料。7月1日まで事前予約が必要(250人の定員に達し次第締切)。申し込み、問い合わせは事務局【電話】045・222・3256。

多摩区版のローカルニュース最新6

市へ台風支援寄付112万円

バスケB1・川崎BT

市へ台風支援寄付112万円 スポーツ

4月3日号

まち協、12年を総括

まち協、12年を総括 社会

「あゆみ」区長に報告

4月3日号

逆境の中新植物園

よみうりランド

逆境の中新植物園 文化

5日まで休園

4月3日号

「ロマンスカー作ろう」

「ロマンスカー作ろう」 文化

小学生応援、小田急が企画

4月3日号

「憲章」普及へコラボ

「憲章」普及へコラボ 社会

神奈川県と横浜ビール

3月27日号

男性の育休ガイド発行

男性の育休ガイド発行 社会

県が推進

3月27日号

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク