多摩区版 掲載号:2016年11月11日号 エリアトップへ

生田緑地 協働で「緑の都市賞」 マネジメント会議に評価

社会

掲載号:2016年11月11日号

  • LINE
  • hatena
会合の一つ、自然環境保全管理会議=整備事務所提供
会合の一つ、自然環境保全管理会議=整備事務所提供

 生田緑地の魅力向上への取り組みが、第36回「緑の都市賞」緑の市民協働部門で、市内初となる最高賞の国土交通大臣賞を受賞した。市民や地域団体、大学、指定管理者など54団体が参加し、課題解決を目指す会議の手法に焦点が当たった。

 受賞したのは3者連名で生田緑地マネジメント会議と、指定管理者の生田緑地運営共同事業体、川崎市生田緑地整備事務所。これまで展開されていた、緑地に関わるさまざまな活動や企画を一堂に集める形で、2013年4月にマネジメント会議が発足。年1回の全体会のほか、運営会議や自然環境保全管理会議など、目的や取り組みごとに年数回の会合が開かれている。

ブランド化へ連携

 受賞を受け、同会議の薬袋(みない)奈美子会長(日本女子大学准教授)は「生田緑地は人が手入れをすることで多様性を持つ『自然』、『知の泉』である博物館、心の栄養『アート』が生活を豊かにする平成の里山。多くの人が支え、維持されている里山的空間をより良くする場として、今後も活動を続けていく」と語る。生田緑地整備事務所では「運営会議の今年度テーマでもある緑地の『ブランド化』を目指して、将来像のイメージを共有できれば」と同会議に期待を込める。

 同会議の会員で民家園通り商店会の岩野正行会長は「多くの人が楽しめる場にするために、ルールを守って集客できるイベントを企画していければ」と話す。

 公益財団法人都市緑化機構が主催し、緑豊かなまちづくりや環境改善、景観向上などを評価する緑の都市賞。今回は緑の市民協働部門、緑の事業活動部門、緑のまちづくり部門の全3部門に45件の応募があった。表彰式はきょう11日、明治記念館で行われる。

専大生との連携による施設内のガイドツアーも
専大生との連携による施設内のガイドツアーも

多摩区版のトップニュース最新6

市民に開かれ40年

市緑化センター

市民に開かれ40年 社会

フェア10年 地域と共に

11月15日号

住民説明会 月末に

フロンタウン生田

住民説明会 月末に 経済

市、川崎Fと契約へ

11月15日号

ドラえもん装飾で賞

小田急線 登戸駅

ドラえもん装飾で賞 経済

グッドデザイン100に選出

11月8日号

水没品 市費修復へ

川崎市市民 ミュージアム

水没品 市費修復へ 文化

9万点は保険補償外

11月8日号

緑と20年、新時代を歩む

岡本太郎美術館

緑と20年、新時代を歩む 文化

式典に100人 期待の声

11月1日号

賞金で市内被災地支援

川崎F

賞金で市内被災地支援 スポーツ

ルヴァン杯優勝 心一つに

11月1日号

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県調査、多摩区は136区域

10月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク