多摩区版 掲載号:2017年1月27日号 エリアトップへ

中野島中 校内調理で給食開始 市立中 全52校が年内実施

教育

掲載号:2017年1月27日号

  • LINE
  • hatena
給食を盛り付ける2年1組の生徒=20日
給食を盛り付ける2年1組の生徒=20日

 川崎市立中学校の完全給食に向け、多摩区の中野島中学校など市内4校で、今月11日に給食が始まった。校内で調理する「自校方式」と給食センターから運ぶ「センター方式」により、全52校で年内に給食が運用される。

 中野島中と犬蔵中(宮前区)は自校調理場方式、はるひ野中(麻生区)は小学校との共同調理場を活用。東橘中(高津区)では1年間の試行を経て、同日から本格運用している。

 中野島中(高城英一校長/821人)では、昨年11月に給食室を新設。運用前の12月26日に「プレ給食」で120人分を調理。教諭やPTA役員、部活動の生徒らが試食した。高城校長は「温かい食事が喜ばれている。弁当と違い、皆で一緒に同じものを食べるので、会話も弾んでいる」と手応えを話す。

 開始から1週間ほど経った20日の献立は、ご飯と照り焼きハンバーグ、大根のクリームシチュー、スパゲッティソテー、牛乳。2年1組では欠席6人で35人だったが、おかわりする生徒が列をつくり、次々に料理がなくなっていった。

 「お弁当だったときよりも量が多くて、午後も元気に活動できる」とバスケットボール部の國分翠太(そうた)君(14)。美術部の佐藤夏樹(なつき)さん(14)は「みんなで同じご飯を食べるので、友達との共通の話題になった」と話し、「季節料理など、食べたいメニューを月1回とかリクエストできたらいい」といった要望も挙がった。

地産地消・食育も

 給食の献立には市内産の地場野菜を多く取り入れ、食物アレルギーの生徒には学校で個別相談に対応するなど、地産地消や食育にも注力している。箸やスプーンは各自で持参し、給食当番の生徒が運搬や盛り付けを行う。

 市立中52校のうち、給食センターを活用する「センター方式」は48校。川崎・幸区の全域と、高津・宮前区の一部を対象とする「南部学校給食センター」は9月に稼働。中原区の全域と、高津・宮前・多摩区の一部が対象の「中部学校給食センター」、多摩・麻生区が対象の「北部学校給食センター」は12月に稼働予定だ。

 福田紀彦市長は「センター方式では配送などの課題もあるが、スケジュールに沿って進め、成功させたい」と意欲を見せている。

同じメニューを、向き合って食べる生徒たち
同じメニューを、向き合って食べる生徒たち

多摩区版のトップニュース最新6

熱中症 前年の1.7倍

川崎市救急搬送

熱中症 前年の1.7倍 社会

高齢者中心、各区で啓発

7月23日号

市民と50年、歩み続く

青少年科学館

市民と50年、歩み続く 文化

「子どもへ星空を」原点に

7月23日号

ボトル再製品化へ試行

サミット中野島店

ボトル再製品化へ試行 社会

市内連携で「新・循環モデル」

7月16日号

登戸駅前に移動型店舗

小田急電鉄

登戸駅前に移動型店舗 経済

 

7月16日号

学生推薦100冊を特集

専修大コンパス

学生推薦100冊を特集 文化

多摩図書館 初コラボ展示

7月9日号

川沿い花壇、市大賞に

五反田自治会

川沿い花壇、市大賞に コミュニティ社会

園児体験や生ごみ堆肥も

7月9日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】7/19(月)16時~予定!中野島エリアは駅近で駐車場計114台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter