多摩区版 掲載号:2017年5月12日号
  • googleplus
  • LINE

洗足音大吉川さん 「熱を伝えられる役者に」 NHK連続テレビ小説 「ひよっこ」出演中

文化

洗足学園音楽大学のミュージカルコースで学ぶ吉川さん
洗足学園音楽大学のミュージカルコースで学ぶ吉川さん
 NHKで放送中の連続テレビ小説「ひよっこ」に洗足学園音楽大学2年の吉川(きっかわ)加那さん(20)=高津区梶ヶ谷在住=が出演している。役どころは、東京編で主人公が働くトランジスタラジオ工場の同僚のひとり。「舞台役者」への道を踏みだす吉川さんを取材した。

◇   ◇

 吉川さんは現在、洗足学園音楽大学のミュージカルコースで演技や歌、ダンスを学ぶ。俳優養成所「劇団ひまわり」にも所属。昨年末に「ひよっこ」のオーディションに合格し初の映像出演となる。吉川さんは「舞台とは違う緊張感。役者さんの演技の集中力に圧倒された」と撮影を振り返る。

 撮影は今年1月から3月中旬まで行われ、多い日は早朝から丸一日に及ぶことも。「現場のスタッフの方たちが作るプロの空気を感じ、学ぶことが多かった」と吉川さん。「周囲の役者の雰囲気が主役を輝かせる。それは舞台と一緒」

8歳から演技学ぶ

 熊本県出身。母親が応募した「劇団ひまわり」に入団し、8歳から演技を学んでいた。「セリフの暗記も苦手だったし、レッスンが本当に憂鬱で」と苦笑い。意識を変えたのは、小学4年生の時に観劇した劇団四季のライオンキング。「ミュージカルってこんなに楽しいものなんだ」と、その時の感動が舞台にのめり込むきっかけになった。

 現在は、学内公演の練習や試験などで忙しい日々を送る。「同期はメチャクチャ力のある人たちばかりで刺激になる」と大学生活は充実している。「観ている人に生で熱を伝えられる舞台が好き」。自身が魅了されたように、感動を伝えられる役者を目指す。

多摩区版のローカルニュース最新6件

「芸術はロック」に最高賞

TARO賞

「芸術はロック」に最高賞

2月23日号

学生がつくる遊びの場

「はなもす」新版発行

区観光協会

「はなもす」新版発行

2月23日号

地産地消マルシェ

認知症の基礎学ぶ

溝口で「無限」写真展

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク