多摩区版 掲載号:2017年8月25日号
  • LINE
  • hatena

オペラで描く戦時生活 こんにゃく座 9月公演

文化

 宿河原に拠点を置く劇団「オペラシアターこんにゃく座」が9月の公演に向けて稽古を進めている=写真。今回の作品は『スマイル―いつの日か、ひまわりのように』。戦争の時代を舞台に描かれる、涙と笑いが共存した感動の物語だ。

 この作品は、同劇団初演のオペラを複数手がけてきた台本・鄭義信さんと作曲・萩京子さんが、1997年に初めてタッグを組んだ作品。萩さんは「原点のような作品。ピアノとサックスの音楽も楽しんで」と話す。演出は立山ひろみさん。

 公演は俳優座劇場(東京都港区六本木4の9の2)で、9月14日(木)から17日(日)の4日間。15日と16日は2回公演。前売りチケットは一般6千円、子ども・学生2千円他。全席指定。

 申込み、問合せは【電話】044・930・1720。

多摩区版のローカルニュース最新6件

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:01更新

  • 4月5日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク