多摩区版 掲載号:2017年11月10日号
  • googleplus
  • LINE

ルヴァン杯準V川崎F 奇跡の逆転リーグ制覇へ サポーター「信じて応援を」 

スポーツ

サックスブルーで埋まったゴール裏
サックスブルーで埋まったゴール裏

 JリーグYBCルヴァンカップ決勝が11月4日、埼玉スタジアム2002で行われ、川崎フロンターレは準優勝で大会を終えた。悲願の優勝はならなかったが、まだリーグタイトルの可能性がわずかに残されており、サポーターも奇跡の逆転優勝へ望みをつなぐ。

 ともに初タイトルをかけた決勝は、セレッソ大阪に0―2で敗れた。川崎Fは、開始早々にミスからゴールを割られると、圧倒的にボールを保持したが、決定機を作れなかった。逆に終了間際、前がかりになった隙を突かれ追加点を許した。試合後、主将の小林悠選手は「充分に逆転できるチャンスはあった。点が取れなかったので自分たちが足りなかった」と話した。

「まだいける」

 当日のスタジアムは桜色より多いサックスブルーのファンで埋め尽くされた。ホームゲームのような雰囲気の中、後半開始前にはサポーターが「あと45分、出しつくすぞ」と気持ちを高めるなど、逆転をめざすチームを後押しした。試合後、ファンが集まるゴール裏に選手らがあいさつに来ると「下を向くな。まだいける」などとエールを送った。

 またもタイトルに手が届かなかったが、応援団・川崎華族の山崎真代表は「決勝の舞台に我々を連れて来てくれた選手、コーチングスタッフには感謝しないといけない。リーグ戦も優勝のチャンスがあるのは鹿島と川崎だけ。そこまで戦ってくれている選手を責めることはできない」と話した。

「期待高まる」

 リーグ戦は、残り3節を残し川崎Fは勝点63で2位につける。残り2節を残す首位・鹿島との勝点差は7。奇跡の逆転優勝へ向け山崎さんは「サポーターは客席で最高の環境を準備することが役割。リーグ戦では多くの人に川崎を信じて応援してほしい」と話す。また、まちづくり活動の啓発などでチームと関わりの深い市スポーツ室の八木一志課長は「フロンターレの活躍は多くの市民にとって『誇り』。今回も川崎の魅力を広めてくれた。結果は残念だが、市民の期待は高まり、リーグ優勝に寄せる思いは熱々です」と話す。
 

多摩区版のトップニュース最新6件

救急出動 9年連続増

川崎市

救急出動 9年連続増

1月19日号

生田出張所 来月仮庁舎へ

今春、新運営体制に

生田緑地

今春、新運営体制に

1月12日号

病床、在宅医療に重点

かわさき保健医療プラン

病床、在宅医療に重点

1月12日号

手づくり郷土(ふるさと)で大賞

多摩川エコミュージアム

手づくり郷土(ふるさと)で大賞

1月5日号

防災・都市整備に注力

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

日本民家園でオペラ

日本民家園でオペラ

50周年記念コンサート

3月24日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク